Bongout Staff Blog

タグ: PX200

24か月点検 PX200BME

点検整備でお預かりしています。

010

綺麗な車両ですね。
ベスパPX200BME。

一通りの点検をとのご依頼ですので、24ヶ月点検です。
24か月点検というと、車検がある車両の車検整備という事になります。
ただ、こちらでのPXの24ヶ月点検はもう少し突っ込んだ所まで整備をしていますので、24ヶ月点検という呼び方が正しいかは少し不明です。

「安心して乗りたいので一通りの整備を」とのご希望の場合、こちらの整備がお勧めです。

004

キャブレターのオーバーホールです。

005

かなり大きなゴミも、フロート室に混じっていました。

003

キャブレターにキャブレターケース、それにオイルポンプを定盤で面研します。

008

クランクシャフトから駆動される、オイルポンプ駆動ギアの動作点検。

013

整備前の試走で、少しシフトチェンジのタッチが気になりましたので、クラッチを分解。
各部調整と、クラッチ版を交換しました。

ギアチェンジの動作が重い、タッチが悪い場合、クラッチの切れが悪い事が原因になっていることがあります。

015

硬化して傷んでいたガソリンとオイルのホースを交換。

少し動作に不安が残るガソリンコックも交換しました。

ここの所、飛び込み修理も重なって、少し作業の進展が遅いですね。
済みません。
ただ作業をしている方は、多少の活気も出て、ありがたく修理させて頂いています。

明日作業の続きです。

PX200BME

長期放置期間を経て、復活作業中はPX200BME。

022

残りの作業です。

砕けていたステアリングステムのベアリングは、レースごと交換。
ハンドルパイプを一度抜きグリスアップに、ワイヤーはリアブレーキ以外全て交換しました。

作業途中で軽く試走をしましたが、放置期間が長い割には、ワイヤー類は固着などはなし。
ただ、乗り出してワイヤー切れなどマナートラブルの連続は疲れますので、今回ワイヤーも交換しました。

小雨の降る中でしたが、本日整備後の試走20キロも終え、作業完了しています。
お待たせしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前まで半袖で汗をかいていた気がしますが、昨日からの冷え込みは堪えます。

image

明日は一日サーキット秋ヶ瀬でのスクーターイベントに参加するので、暖かくしていかないと。

エキシビジョンで「出張VespaGP」レースが開催。
楽しみです。

明日はイベント参加のため、休業となります。

初心者講習

長期放置からの路上復帰でお預かりしています。

018

ベスパPX200BME。

ひとまず、プラグから火花を飛ばさないと。

021

劣化が激しく、補修されていたステーターコイル。

024

配線を引き直します。

001

劣化していたガソリンとオイルホース、こちらも交換。

005

長期放置で汚れていたキャブレターとキャブレターケース、それにオイルポンプを分解清掃します。

接合面は定盤で研磨。

image

キャブレターケースとオイルポンプを組み付け、クランキングを繰り返します。

2サイクルオイルの吐出を確認。

まだまだ途中ですが、本日エンジンが始動でした。

エンジン音は悪くないですね。

修理お見積りの段階ですが、ある程度、試走出来るまでの最低限の整備は先にします。
あとはタイヤとブレーキの整備をしてから試走、お見積りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

先月末にご購入頂いた50sは、本日納車でした。

IMG_2205

初めてのクラッチ付きということで、納車は初心者講習付きです。

最初はハンドシフトにもクラッチにも慣れないと思いますが、慣れればとても楽しい乗り物です。
へこたれず頑張って下さいね。

たくさん、長く乗って頂ければと思います。

作業開始 PX200BME

長期放置期間からの復活でお預かりしています。

006

ベスパPX200BME。

011

海沿いでの保管だったため、シートは固着。

まずシートを開ける所から苦労しました。

015

シートキャッチャーも腐食がひどく、表皮も破れているので、シート丸ごと交換が良いと思います。

ただ今回は限られたご予算内での修理なので、走りに影響する箇所から優先に修理。
ひとまずシートは後回しです。

016

エンジン内の錆は何とか大丈夫そうで、ひとまず簡易的にエンジンを始動させました。

まだ走行は出来ませんが、とりあえずのエンジン始動を確認。
明日作業の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駆動系の違和感でお預かりは、ベスパLX125ie。

005

症状をお伺いした感じでは、クラッチのジャダーでした。

003

分解したところ、3つあるクラッチシューのうち一つが固着。

クラッチを分解しオーバーホール。

002

走行距離は18,000キロでしたので、合わせてベルト類は交換しました。

試走の結果、クラッチのジャダーは収まっていましたね。
また何かありましたらご相談下さい。

BME 燃料計

板金塗装に、組み付けが終わったET3。

005

本日はデカール貼りでした。

これが一番気を使う、かも。

011

新車で販売されていた頃、このデカールが不評で、販売時によく剥がしていたという話を以前聞きましたが、やっぱりET3と200ラリーにはこのデカールでしょ、という気がしないでもないです。

009

明後日ガラスコーティング施工で、作業完了予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

先月のツーリングの帰りでしたね。

キーをオフにした時に、燃料計の針が落ちない。
という不具合でした。
OGNさんからお預かりの、ベスパPX200BME。

そもそも、FLやEuro3はキーオフで燃料計の針は0の位置に落ちますが、このBMEはどうだったかな?とそこからでした。
BMEも戻るんですね。
メーター裏のちょっとした修理で終わりました。
が、原因がはっきりとしないため、しばらくは乗って様子を見て頂けますか?
今回修理代はかかりません。

次回同じ症状が出た時は、スピードメーター交換かなと思います。