Bongout Staff Blog

タグ: PX150Euro3

PX125Euro3 ステアリングステムベアリング交換

PXEuro3のステアリングの整備は多い。

これもひとえに新車組み付け時のグリスの少なさゆえ。

というか、ほとんどグリス塗ってないな。

レースも傷んでいたので、上側はレースベアリング共に交換。

下側はベアリングが大きいし、なぜかちゃんとグリスも入っているのでそうそう痛みません。

ベアリングのみの交換。

オメガグリス77で、ステアリングの事を忘れるまでもつも思います。

PX150Euro3 24ヶ月点検後半

昨日の続きです。

PX150Euro3。

24ヶ月点検項目ではありませんが、ご指摘があったステアリングステムの整備のため、フロントフォークを抜きます。
この車両ははっきりとその症状が出ていて、ハンドルが中央で止まってしまいます。

上側が傷みがひどく、レースとベアリングを交換。

下側はベアリングのみの交換です。

オメガグリス77で当分メンテンナス不要と思います。

ハンドル回りです。

ハンドルパイプとワイヤー類のグリスアップ。

ブレーキキャリパーの清掃にパットの面取り、ブレーキフルードは交換。

試走も無事に終わり、先ほどのお引き取りでした。

24ヶ月点検 PX150Euro3

24ヶ月点検でお預かりしました。

PX150Euro3。

メーター不具合ありですが、現在2万キロほどとの事です。

キャブレター周り、オイルポンプ周り、各部点検増し締めです。

リアブレーキ、クラッチと外します。

オイルポンプ駆動ギアの点検。

クラッチは距離ではなく乗り方ですね。

良い状態でした。

写真を撮り忘れましたが、リアブレーキシューは減っていたので交換です。

ご指摘のあったガソリンコック。

分解グリスアップで軽い動作になっています。
明日作業の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
松っちゃん今日は早出で頑張ってる。

「なんかエンジンの部品逆に組んだとか、面白くなるといいのになぁ」
とはヘルプのMUR氏。

そう言いたくなるくらい順調でしたね、今日も。

エンジン組み付けが終わり、次週車体に戻します。

24ヶ月点検 PX150Euro3

24ヶ月点検お預かりしました。

ITOさんのPX150Euro3ドロミテグレイ。

メーターの不具合で、以前一度メーター本体を交換しています。
現在の距離は約2万キロ。
そこそこ乗られていますね。

キャブレター周りの点検です。

キャブレター各部増し締めと、オイルポンプ部分も増し締めです。

さすがベスパベテラン、クラッチは傷んでいませんでした。

クランクから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

点検ごとに動作確認が必要か、と言われれば微妙ですが、クラッチを外したついでです。

クラッチASSYをトルクレンチで固定。

明日作業の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

おフランスから部品が到着。

ベスパと同じでアナログだから、そう手がかかった覚えもありません。

でも乗らな過ぎてブレーキ固着気味。
手に入れてから一度もブレーキは触ってないからな。

「水曜日ならうちのリフト使っていいよ」と、友人からのありがたい提言がありました。

しかし、そこはサンデーメカニックらしく青空駐車場整備で行こかと思っています。

12か月点検 PX150Euro3

12か月点検でお預かりです。

ISIさんのPX150Euro3。

いつも綺麗にされていますね。
今回点検と同時交換になったシートですが、キーシリンダーがなくスッキリとしたシルエットで良いですね。
キーシリンダーがないだけでこれだけ印象が違うんだな。

キャブレターとオイルポンプ周りの点検です。

リアブレーキの清掃。

ハンドル周り、操作系のグリスアップ。

その他ご要望のあった燃料コックの硬さ改善作業と、オイル点検窓の交換をして作業完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも本日作業のET3。

ガレージにガソリン漏れによる染みが出来ているそうです。

キャブレターのオーバーフローを疑いましたが、主な原因はガソリンコック回転部からの滲みのようです。

ガソリンコックを交換し、遠方のため念のためにキャブレターも分解点検。

フロートバルブ擦り合わせにフロートパッキンの交換。
これでガレージのガソリン臭さもなくなると思います。