Bongout Staff Blog

タグ: PX150Arcobaleno

修理完了 PX150Arcobaleno

作業ご報告の間隔が空いて済みません。

001

ギア抜け他で作業中のPX150Arcobaleno。

エンジン組み付けは終わり、タンクです。
分解された状態でのお預かりでしたが、タンクやコック、オイルタンクも分解された状態でした。
ガソリンタンクは錆が酷く中古へ交換、コックにホース類を新品へ交換します。

004

オイル残量確認窓のご質問が良くありますが、オイルタンクがカラの状態から500cc入れたらこの状態です。

それなので、オイル窓に気泡が見え出した状態でも500ccありますので、およそ600キロから700キロの走行が可能です。
でも忘れると大変なので、マニュアル通り、オイル窓から気泡が出たら足して下さい。
出先でしたら、焦らなくて大丈夫です。

オイルの吐出を確認後、キャブレターその他組み付けが進み、本日作業が完了でした。

IMG_5367

そのまま30キロの試走へ。

002

ちなみにお預かりしたのはこの状態でした。

錆のため、交換部品が多くなりましたが、またこれからはたくさん乗って楽しんで頂ければと思います。

作業お待たせしました。

作業終盤 PX150Arcobaleno

作業も終盤です。

004

PX150Arcobaleno。

ギアやセレクター、クランクシャフトなど交換しましたが、シリンダーも錆のため交換になります。
純正のシリンダーとピストン。

ピストンリングのギャップ調整に、各ポートの面を取ります。

005

リアブレーキシューを交換して、エンジンがひとまず完成。

010

こちらも分解された状態でのお預かりとなった、キャブレターケースにキャブレター、それにオイルポンプ。

放置期間の汚れを取ったあと、それぞれを定盤で研磨。

027

ここまでの作業が終わったエンジンを、フレームに戻します。

明日2サイクルオイルの吐出点検をしてから、作業を進めます。
完成まであと少し。

 

 

 

 

 

 

 

 

AOYさんからご注文を頂いていた、マロッシサスペンションRS24。

030

部品が到着しています。

週明けにGTVへ装着予定。
入荷のご連絡をしたら「溶接で直してもらったマフラー直ってないよ」との事。

あれ、済みません。
次回サスペンション交換時、改めて作業やり直しますね。

作業続き PX150Arcobaleno

昨日の作業の続きです。

002

PX150Arcobaleno。

色々なものが錆びてしまっていましたが、キックギアもOリングのかかる部分のシャフトが錆びてしまっているため交換します。

キックギアは見るたびに、再生産初期のPXEuro3を思い出します。
スプラインの不具合からのオイル漏れで、何台もクランクケースを分解して交換しましたね。

005

エンジンケースを分解された状態でお預かりの為、ボルト類は欠品がありました。

そのため、クランクケースを合わせるボルトとナットは新品のセットを使います。

014

無事にクランクケースが合わさり、セルモーターにオイルポンプ駆動ギアの取り付け。

011

クラッチは酷使されたようで、黒く炭化しています。

交換します。

018

週末という事もあって、本日はクラッチを取り付けて時間切れになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーキット用50sが完成して、ご本人も出張から戻って、本日初試走はMTMさん。

久しぶりの2サイクルだし、レスポンスは良いしでご機嫌です。

試走後に、自家用車に積み込み練習までしたので、もう準備万端。
年始ひと月半経って遅いスタートになりましたが、MTMさん号も完成したことだし、来週の茂原から練習再開です。

022

お土産を頂いて、いつもお気遣いありがとうございます。

ご飯が進んでしまいそう。

エンジン組み付け作業 PX150Arcobaleno

部品待ちとなっていたPX150Arcobaleno。

002

クランクシャフトやシリンダー他、部品が揃いましたので作業再開です。

020

ちなみに交換前のクランクシャフトです。

分解されたままの放置期間に錆てしまったようです。

007

クランクケースを温め、クランクサイドベアリングとオイルシールを挿入。

001

クランクシャフトをケースに引き込みます。

もう一台のラージ用スタンドに別のエンジンが載っているため、裏の奥から引っ張り出したこのエンジンスタンドは久しぶりに使った気がします。

ちなみに全部手作りです。

007

ギア抜けの原因となったセレクターを交換。

交換の際は、セレクターロッドもセットで交換です。

011

ドライブシャフト内に収めます。

逆ネジです。

014

セカンドシャフトを装着後、ドライブシャフト引き込みます。

ミッションギアを組み込みますが、摩耗のため、2速ギア・3速ギアは交換しました。
ギアクリアランスを規定値にシム調整し、今日の作業はここまでです。

早く暖かくならないかな。

ギア抜け修理作業中 PX150Arcobaleno

放置からの復活作業中です。

009

PX150Arcobaleno。

放置期間中の水分混入のため、シリンダーからクランクシャフト、サイドベアリングまで交換になります。
再利用可能と判断したパーツに関しては、磨いて錆を取ります。

また一番の懸念材料ギア抜けですが、こちらはセレクターと合わせて2速3速ギアを交換となります。

エンジンのオーバーホールは掃除が一番手間のかかる部分なので、山場は超えたかな?
後は部品到着後、スムーズに作業が進む予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々作業進展中、MTMさんの50s。

image

そろそろ走り出します。

完成後のきちんとした走り出しは来週の茂原ですね。
楽しみです。

image

こんなイメージですね。

来週暖かくなるといいな。