Bongout Staff Blog

タグ: PX125FL2

青葉弁当

ウィンカーが変、と朝一番でFKZさん。

002

確かに変ですね。

前と後ろと右と左と。
あっちが点いたり、こっちが点かなかったり。

あちらこちらの接触不良を直し、ウィンカーリレーも交換してウィンカー修理は完了。

001

合わせてフロントブレーキパットも交換しておきました。

次回はもう少し早めのタイミングでの交換が良さそうです。

004

先週のスモール修理の時に続き、お引き取り時に頂いたお弁当。

今週も贅沢なお昼ご飯となりました。
いつもご馳走さまです。

PX125FL2 放置からの整備

長期放置からの復活作業中です。

003

PX125FL2。

作業の続きです。

006

クラッチカバーを外しますが、まずはエンジンカバーの油汚れを落としてから。

008

クラッチを外して、分解点検。

200では痛みが見られる距離でも、125の場合はダメージが少ないですね。

009

クラッチが外れている間に、クランクシャフトで駆動されるオイルポンプ駆動ギアの点検。

011

消耗が見られたリアブレーキシューは交換します。

002

ステップ部分にオイルが溜まるような場合は、オイルタンクやホースからのオイル漏れの可能性があります。

005

放置車ですので、燃料タンクも一度清掃。

燃料コックにホール類の交換、オイルコックの増し締めをします。
クラックが入っていたオイル点検窓も交換。

009

全てを組み付け、オイルとガソリンを入れ、滲みの点検後車体に戻します。

011

タンクが車体に戻った所で、キャブレターケースにオイルポンプを戻します。

013

クランキングを繰り返し、2サイクルオイルの吐出を目視で確認。

本日の作業はここまでになりました。

雨ですけど、花粉がだいぶ飛んでますね。

エンジン始動 PX125FL2

雨ですね。

006

整備がはかどります。

昨日の作業の続きは、PX125FL2。
エンジン周りが終わりましたので、今日は車体の整備です。

007

ゴリゴリと動きの悪かったステアリングステムのベアリング。

ベアリング、レース共々錆が酷い状態です。

010

ベアリングとレースを交換します。

013

ハンドルパイプのグリスアップと、ワイヤーはリアブレーキ以外全て交換。

005

マスターシリンダーは、リペアキットを使いピストンシールを交換します。

014

フロントブレーキキャリパーの分解清掃。

015

ブレーキパットに含まれる鉄分が錆びたようでした。

こちらもなかなかの錆具合。
交換します。

002

板金塗装のご依頼のあったサイドパネルは、塗装から上がって来ています。

017

放置期間中に錆でどうしようもなくなってしまったシートは、純正の新品へ交換。

先ほど無事にエンジン始動です。

ケース内に2サイクルオイルが溜まっていたので、煙が多いですね。
試走である程度距離を走りますので、お渡しの時は通常の煙の量になっていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前にVimeoにアップした、こちらの車載動画。

「臨場感とアングルが良いね」
と好評でした。

走りの方は、半クラッチを当ててごまかしていますが、ギア比が全然合っていません。

しかし、改めて見てみるとピッチングが半端じゃないですね。
さすが10インチって感じです。

長期放置 PX125FL2

長期放置からの復活でお預かり中です。

003

ベスパPX125FL2。

現在部品待ちとなっている、はやり長期放置でお預かり中のPX200は、エンジン内の錆でクランクシャフトまで交換になります。
こちらの車両は逆ですね。

放置期間中に、エンジンオイルがクランクケース内に落ちています。
錆びないから良いのですが、まずはクランクケースにたまりに溜まった2サイクルオイルを抜く作業から。

002

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

004

外したクラッチを分解し点検します。

002

こちらはオイルポンプにキャブレター周り。

キャブレターにキャブレターケース、それにオイルポンプを定盤で研磨。
キャブレターをオーバーホールします。

004

キャブレターケースとオイルポンプをエンジンに戻し、プラグを抜いた状態でクランキングします。

2サイクルオイルの吐出を目視で確認。
までいって、今日の作業は終了。

明日引き続き作業予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末がVespa GPなので、一昨日も練習でした。

いつもの白糸スピードランド。

10月に入って、どのレースも佳境に入るんでしょうね。
台数の多い事多い事。
このあと午後は、もっと多くなりました。

先週変えたギア比はしっくり来なくて、週末までに戻そうと思います。

しかし、ゼッケン4番NZE選手は絶好調でしたね。
自己ベストをさらに、一気に更新でした。

週末が楽しみですね。

修理車 PX125FL2

オイル漏れ修理他、24ヶ月点検でお預かりしています。

007

ベスパPX125FL2。

クラッチを外して、クランクから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの点検。

002

外したクラッチを分解します。

004

試走の時、僅かに感じたクラッチの切れの悪さは、この辺りが原因かなという所がありました。

クリアランスの調整。

006

ガソリンタンクを外します。

オイル漏れがありましたね。
オイルとガソリンのホースを交換に、滲みのあったオイルコックを増し締め。

023

キャブレターにキャブレターケース、オイルポンプを分解整備。

定盤で整えます。

キャブレターケースとオイルポンプを組み付け、プラグを抜いた状態で2サイクルオイルの吐出を目視で確認。

分離のPXの2サイクルオイルは、複雑なラインを通りこの穴から出てきます。

002

ガスケット類にフロートバルブ、ストレーナーを交換し、オーバーホールが終わったキャブレター。

004

フロント周り、ハンドルパイプを一度抜きます。

008

古いグリスを掃除して、ワイヤー類を交換。

スピードメーターケーブルは破損していたので、追加で交換しました。
また欠品していたミラーステーは、ご希望があり、ハンドルパイプを抜いた際に取り付けをしました。

005

フロントブレーキの分解清掃にブレーキフルードの交換。

ブレーキのマスターシリンダーも、リペアキットを使いピストンシールなど交換しました。

昨日のご連絡では本日試走まで、とお伝えしましたが、あと少しで間に合いませんでした。
済みません。

明日試走と調整が終わり次第、ご連絡いたします。