タグ: LX125ie

配線引き直し

プーリーフェイス破損のLX125ie。

部品が到着したので作業再開。

汚れと金属粉を清掃。

ウェイトローラーにスライドブロック、ドライブベルトも合わせて交換。

余程走行距離が伸びていない限り、プーリー本体を交換する事もなくなりました。
2サイクルエンジンだった時代に比べると、駆動系部品は消耗が少ないです。

本日試走も完了してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

郵送で、PXのステーターコイル配線引き直しのご依頼。

25年は経過していると思われる配線は劣化。

引き直します。

末端につけるカプラー内のギボシが思いがけず欠品でした。

発送まで少々お待ちください。

駆動系修理 LX125ie

レッカー車で入庫です。

LX125ie。

営業日が限られているので、レッカー入庫にもご不便をお掛けしています。

エンジンは掛かるが後輪が回らないとの事で、ベルト切れで部品を用意していましたが。

カバー側に大きな傷跡。

カバーを外した際に落ちて来ました。

クランクシャフトのナットの締め付けが甘かったようです。
クランク側スプラインがなめてなくて良かった。

プーリーフェイスのスプラインはアウトなので、改めて部品の取り寄せになります。

明日は珍しくご来店多数、の予定。

諸々の整備ご依頼はLX125ie。

痛みがひどかったシートはASSY交換。

トップケースも新規に取り付けました。

フロントサスペンションを外しての少し手間がかかるスピードメーターケーブル交換作業の途中で、ブレーキキャリパーからパットが脱落。

ブレーキパッドの剥離でした。
ここのところ重なります。

走行中だったら大事です。
点検って大切。

 

 

 

 

 

 

 

 
FSNさんからの軽整備ご依頼はニンジャ250のサイドカー付き。

乗ったことがないから乗ってみたい私と、自分のバイクだけど船部分に乗った事がないFSNさんの利害が一致。

初めてサイドカーを運転しましたが、面白い。
挙動にサイドカーならではの癖がいくつもあって、上手に乗りこなせるようになるまでは時間が掛かりそう。

いつかベスパのサイドカーでも買って楽しめたらと思いましたが、隙があればスピードを出してしまう性分なので、いつかのんびりとサイドカーを楽しめる大人になれるかは不明です。

ステアリング整備 LX125

ステアリングの違和感でお預かり。

ベスパLX125ie。

一度ステアリングの動きがスムーズでなくなり、現在は比較的スムーズに動きますがガタがある。

ベアリングが破損した時の症状です。

フロントフォークを抜きます。

上側のベアリング破損により、ベアリングの球は半分くらいに。

ベアリングとレースを交換。

ブレーキキャリパーを外した拍子に落ちて来たブレーキパット。

錆びによるパットの剥離です。
走行中に外れないで良かったですね。
合わせて交換。

明日、作業完了の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SGSさんからの依頼で張替えに出していたGTVのシートが戻りました。

これは早く車体に付けるのが楽しみ。

ウォーターポンプ交換 GTS250ie 初期型

朝一番でご来店はLXのKMZさん。

交換時期に来ていたリアタイヤの交換と合わせて、ファイナルミッションのオイルも交換。

ここは変速なしなので、あまり汚れませんね。

2万キロでこの汚れです。
オイル量は200㏄で指定は80W-90 。

エンジンオイルにプラグ交換、ブレーキパット残量を点検して作業完了でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からはOZKさんのGTS。

ウォーターポンプの交換です。

ケースASSYでの交換です。

この後に起こることをこの時はまだ知らない。

場所はここ。

上には燃料タンク、下にはマフラーと簡単には作業出来ません。

両サイドのリアサスペンションを外し、リアホイールも外します。

エンジンとフレームの間を広げ、作業スペースを確保。

ウォーターポンプのメカニカルシールがダメになった場合、ここのドレンホールから水が出ます。

このドレンホールが機能していれば幸運で、不運にも汚れで穴が詰まっている場合、エンジンオイルに冷却水が混ざってしまいます。

あとはジェネレーターを移設して終わりじゃないか、と思った矢先、ジェネレーターが新しいケースに付かない。

問い合わせると、ジェネレーター取り付けのケースセンター部分、35ミリと36,5ミリが存在するとの事。

初期型を除いてほとんどが35ミリで、初期型のみ36,5ミリ。
互換性がないんですね。
しかも36,5ミリの初期型は生産終了との事でした。

となると、初期型のウォーターポンプを交換の場合、35ミリのケースを使おうと思ったら、合わせてジェネレーターも交換が必要になります。

情報公開と合わせて、きっと自分でも忘れるだろうから備忘録。

アイスクリームをたくさんご馳走様でした。