Bongout Staff Blog

タグ: ET3

BGM BIG BOX

マフラーから異音が。

以前からノーマルタイプの社外マフラー装着でしたが、中の仕切りが割れたんでしょうね。

これを機にBIG BOXへ。
1速の上も伸びるようになったし、各ギアのトルクもアップしたとの感想が。

ツーリング無敵号がさらに無敵になってしまった。

合わせて、抜けに抜けていたリアサスペンションも交換でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
整備が終わったET3は本日試走でした。

太陽が出たのは良かったけど、まぁ風は冷たい。

調整を繰り返し試走を完了。

今回交換した部品です。

メンテナンス続き ET3

ET3はメンテナンス作業の続きです。

ハンドル周りが終わったので、残すは細かいところ。

パンクをしていたスペアタイヤの交換に、ミッションオイルとプラグの交換。
フライホイールを外してクランクシャフトのオイルシールを交換したら、あとは試走を残すのみ。

寒い雨の一日でしたので、試走は明日に見送りです。

メンテナンス ベスパ125ET3

一通りのメンテナンスのご依頼です。

ベスパ125ET3。

もう日常的にスモールに乗っている方も少なくなったようで、最近では修理も少なくなりました。

ご購入頂いてから一度もリアブレーキは開けていないかも。

清掃後ブレーキシューの交換。

フロントは一度整備しているので、清掃後ブレーキシューは再利用。

フロントフォークを抜きます。

ステアリングステムのベアリングとレースの点検。

ここの動きが良くないのは、個人的にはとても気になる。
排気量関係なく、自分の車両を手に入れた時はまずステアリングをメンテナンスします。

納車整備時のオメガグリス77がきちんと役目を果たしていたようで、レースはとても綺麗でした。

上下ベアリングのグリスアップ。

これでまた当分良い動きをキープ出来ます。

左右ハンドルパイプの分解。

シフトフィーリングは、ほぼここで決まります。

清掃後、グリスアップをして組み付け。

各ワイヤーを交換します。

週末に引き続き作業の予定です。

メンテナンス ベスパ100

メンテナンスでお預かり中です。

ベスパ100。

一通りの整備ご希望ですが、ビンテージシリーズにはPXの24ヵ月点検のようなパッケージングはありません。
そのため、オーナーとご相談の上、予算と相談し整備内容を決定。

入庫時から点火不良の症状あり。

年式が古い車両なので、配線も引き直すつもりで分解。

配線は綺麗でしたね。
過去に引き直してあるのかな。

ポイントとコンデンサーの交換。

作業ついでに、滲んでいたクランクシャフトオイルシールを交換。

ステーターコイルを戻します。

リアブレーキはオイルまみれでした。

構造的にドライブシャフトのオイルシールが痛むと、リアブレーキにオイルが混入します。

突然リアブレーキの効きが悪くなったら疑って下さい。

バックプレートを外しドライブシャフトのオイルシールを交換。

ブレーキシューはNEWFREN製へ交換。

ドラムも汚れがひどい。

ドラムを洗浄してタイヤをS83へ交換。

明日も作業続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーがペイントに出していたパーツが届き、最終試走も本日完了。

納車整備が整いました。

後は次週末、陸送会社へバトンタッチです。

レース前準備

納車整備が完了です。

ベスパ125ET3。
後は試走を残すだけです。

しかし、皆さん直前整備が過ぎる。

年間通してタイヤ交換は1回とレギュレーションで決まっているので、後半戦で久しぶりの新品タイヤ。

明日はいつもと少しタイムスケジュールが違って、決勝は14時40分からの予定です。
ケータリングも来るとの事で、のんびりと過ごせる時間がありそう。

明日Vespa GP第4戦が筑波サーキットコース1,000です。