Bongout Staff Blog

タグ: ET3

納車整備開始 ベスパ125ET3

駆動系のメンテナンスでお預かりはLX125。

初期のキャブレター車です。

走行2万キロ台ですが、駆動系のメンテナンス履歴は不明との事。

プーリーの削れ具合からしても、ちょうどリフレッシュ時期ですね。

持ち込みでお預かりしたのはマロッシのバリエターキット。

本来はこの作業で走りがよみがえるはずが、交換後の試走の感触はいまいち。
LXのキャブレター車は加速ポンプの摩耗トラブルがありますから、快調に乗り続けるにはある程度でキャブレターASSY交換が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン作業のP/PXの二台が終わり、本日からはET3の整備を開始です。

昨年ご契約を頂いた低走行のベスパ125ET3。

どこもかしこも綺麗ですね。
これからシリンダーを外してクラッチを交換してと作業を進めてゆきます。

ご契約 ベスパ125ET3

先日ご契約を頂きました。

ベスパ125ET3。

先日までこのニューブルーのET3が2台ありましたが、立て続けにご契約となりました。
もう綺麗なET3も少ない。

低走行車両ですが、時間はそれなりに経過しています。
いつも通り全体的な整備はもちろん、前後タイヤも新しくして年始に納車の予定です。

こちらのペースで済みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
先日エンジンが掛からなくなりましたが、今日は掛かった。

どうせならエンジン不動のままレッカーの方が、修理する側もやりやすいかと思いますが仕方なし。

今夜車屋さんへ預ける予定ですが、気まぐれ不調は直るかな。

納車 ベスパ125ET3

今朝の朝練で箱根の上は気温1度でしたが、日中は穏やかな陽気になりました。

ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに、早いものだ。

整備が終わって今日試走も完了です。
納車前のベスパ125ET3。
快調快調。

明日開店前の納車お届けです。

開店時間には戻る予定ですが、朝一で修理持ち込むぞ、という方がいらっしゃいましたら、お手柔らかにお願いします。

中古車ご契約 ベスパ125ET3

昨日の続きです。

飛び込み修理の合間を縫って、と言っても、今日はそれほど飛び込まれてない。

外側を洗浄し終わったエンジンを分解します。

一度エンジンを開けられた形跡はあります。

状態はおおむね良かったですね。

ギアセレクターとクラッチは要交換。

3速ギアは逆向きに組まれていましたが、特にご申告なかったので、乗っていて不具合もなかったのかと思います。

内部洗浄を兼ねて、もう少し細かく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日が綺麗でした。

取り置きすること2週間。

陽気なイギリス車愛好家のNIKさんにご契約を頂きました、ベスパ125ET3。

うちにしては珍しく整備済み。

ですが、しばらくの保管期間はありましたので、ガソリンタンクとキャブレターは洗浄します。
合わせてコックとホースを交換し、トラブルが出やすい燃料系をリフレッシュしてからのお引き渡しです。

ET3 ガソリンタンク洗浄

キャブレターとガソリンタンクの洗浄でお預かりしました。

ベスパ125ET3。

20年間プラグも交換歴なし、との事です。

キャブレターのストレーナー部分です。

汚れがたまって不調を引き起こす原因になります。

個人売買で購入、もしくはしばらく乗らない時期があった。

そういう場合は、キャブレターの掃除と共に、燃料タンクの清掃にガソリンコックの交換が理想的です。
ET3はスロージェットが長くて細いから、タンクの中が汚れていると何となく不調になります。

清掃と併せてフロートバルブ交換にフロートパッキンの交換、ガソリンホースとコックを替えて日帰り修理完了です。