Bongout Staff Blog

タグ: ET3

50s エンジン載せ替え

色々と作業をお待たせしています。

001

昨年に修理でお預かりのこちらの50s。

エンジンブローでお預かりでしたが、ブロー具合が運悪くというか、クランクケースまでダメージがありましたので、エンジン載せ替えになります。

載せ替え予定のエンジンの準備が出来ましたので作業です。

003

載せ替えるエンジンも素性が明らかな物が安心ですね。

こちらの新しく乗せるエンジンですが、昨年オーバーホールし使用していたものです。
アルミだね。

本日載せ替えまで完了しましたので、あとは配線やワイヤー類を戻し、キャブレターのセッティングを変えてから試走の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Vespa GPで使用しているこちらのWJチャンバー。

31007510953_ebbc763a22.jpg

画像は50s/100用です。

このチャンバーET3用もありますね。

54171697

ET3用はフレーム内でとぐろを巻きません。

小物入れがあるからね。

それで、こちらのチャンバーが受注生産となっていて、現在(株)ベスパさんに在庫なし。
それでも欲しいというお客さまがいらして、どなたか他にも欲しい方いませんか?
というお誘いです。

本数がある程度まとまればオーダーして頂けます。
ご興味のある方はご連絡下さい。

シフトパイプ整備 ベスパ125ET3

2速からニュートラル、ニュートラルから1速辺りのフィーリングが良くないと修理お預かりです。

001

ベスパ125ET3。

003

作業前の試走では、それほどフィーリングは悪くありませんでした。

ただ、新車からこの辺りのメンテナンスの形跡はありませんね。
古いグリスが固くなっています。

004

古いグリスをふき取り、グリスアップ。

007

それと、ウィンカー保持用のインナーパイプとハンドルパイプを、ヤスリを使って摺合せます。

008

合わせてシフトワイヤーを交換。

009

お引き取り時に試走して頂きましたが、気になっていたフィーリングは向上したとの事で良かったです。

女性が乗るとの事でしたので、気持ちシフトワイヤーの遊びは大めに取ってあります。
新品のワイヤーが数百キロの走行で伸びますので、また調整にご来店頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

先週は都内でVespa GP忘年会でしたが、昨晩は茅ケ崎でボングー忘年会。

たまにはご馳走の綺麗な写真です。

貸切で2時間半。

お腹いっぱいになりました。

今年もお世話になりました。

忘年会も終わり、あとはまた仕事を頑張るだけですね。

ステムベアリング交換 ベスパ125ET3

ステアリング整備でお預かり中です。

001

SZKさんのベスパ125ET3。

カクカクですね。

002

フロントフォークを抜きます。

003

上側はベアリングと共にベアリングレースを交換。

下側はベアリングのみの交換です。

カクカクなくなり気持ち良くなりました。
ウィンカーの点灯不良と共に、本日作業完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方に入庫はゼッケン33号車、尾崎さん号。

005

僕は直前で行く事が出来なくなってしまいましたが、先週茂原で走行会でしたね。

006

その時に、フロントブレーキのトラブルが発生したそうで、ブレーキ周りの整備です。
これで来月の筑波はバッチリですね。

あとは筑波用のセッティングに変更?
試走も含めて調整頑張って下さい。

中古車 ベスパ125ET3

朝の通勤時間は晴れました。

空も秋らしくなってきて、今週末は台風の影響で波もあるから、サーファーにとっては良い週末ですね。

 

 

今年に入って納車したET3ですが、数日前に出戻りです。

003

中古車としてご紹介する間もなく、本日、富士宮にお住いのIMMさんにご契約を頂きました。

以前、他店でご購入されたPXEuro3の不調でご相談、修理ご依頼を頂いた事がありますね。
ずいぶん以前に50sを新車でご購入、乗られていたとの事で、いつかET3というのがあり今回のタイミングとなりました。

整備納車後500キロ程の走行ですので、今回は整備料は頂かず、軽整備でのお渡しになります。
ご希望により10月に入ってからの納車お届けとなりました。

チューブレスホイール 50s/100

ご契約を頂いている中古車のベスパ125ET3。

003

中古車納車整備です。

006

走行距離にもよりますが、大体シリンダーも一度外しています。

ある程度の修正や、オイルの種類や乗り方により、カーボンの付着が多いケースもありますね。
カーボンが悪さをして、ピストンリング固着、もしくは固着寸前なんて言う事も珍しくありません。

こちらの車両は良い状態でした。

008

ブレーキクラッチと外します。

006

クラッチカバーのアームを抜き、Oリングの交換。

クラッチ版の交換をし、重たいノーマルのダブルスプリングは再利用しません。
(株)ベスパさんオリジナルのクラッチスプリングへ交換。
現在販売されているものは、改良を重ねられているようで3型です。

順調に作業が進みますが、週末は一度作業中断になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

50s/100用のチューブレスホイール入荷のタイミングで、昨日50sにチューブレスホイール装着のお問合せをメールで頂いていましたので、こちらでご紹介します。

012

ありそうでなかった50s用のアルミチューブレスホイール。
今まではET3の足回りを流用し、リムタイプのチューブレスホイール装着しか選択肢がありませんでしたが、こちらならポン付けですね。

メールでチューブレスホイールのメリットは?とのご質問もありましたが、軽量だったり剛性が良かったりもメリットの一つです。
あと現実的な所では、パンクをした時の急激なエアー漏れが少ない事。
また、純正のスチールの合わせホイールは、錆びに悩まされますね。
この悩みからは解消されるのではと思います。

015

ET3/PXタイプのチューブレスホイールと違い、ビードの逃げも十分。

慣れた人なら手組みもOKなのも嬉しいですね。
在庫ありますので、ご興味のある方はお問合せ下さい。