タグ: APE

APE 分解編

工具箱が遠いので、普段車に積んでいる工具で作業。

走行中にエンジン停止、圧縮がないので腰上を分解します。

もうしばらくAPEを触っていなかったので、作業手順もすっかり忘れてる。
仕方ない、ゆっくり地道に。

腰下クランクの方は無事のようです。

分解前に何気なくマフラーを触ったらグラグラ。
マフラーが緩んでいたのではなく、シリンダーがグラグラでした。
焼き付くわけだ。

可能ならシリンダーなど再利用出来れば、との事でしたが、シリンダーとピストンの交換が必要になります。

合わせて作業ご依頼のあった、キャブレターのボルト折れ修理。

こちらも地道に作業で、ようやく抜けました。
お預かりした中古シリンダーを使用の場合と、新品のシリンダーキット使用の場合のお見積りをご連絡します。

修理お預かり APE

ハンドルが切れないとお電話を頂いて、午後一でお預かりのプリマベラ125。

ハンドルの違和感は、ほぼステアリングステムベアリングの異常です。

ハンドチェンジの場合は、ほぼ上側ベアリングの破損ですが、これが噂に聞いていた下側ベアリングの破損か。

主にオートマチックの125クラスに多いのかな。
菊ちゃんのブログで多く作業されています。

ブレーキラインとスピードメーターセンサーを解除して、フロントフォークを抜いて作業。

ここまで酷いと、ベアリングレースも全て交換が必要です。
消耗部品の在庫は切らさないように気を付けているものの、下側ベアリングレースを切らしていました。
ちょっと部品待ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝メールのチェックをしていたらAPEの修理ご相談が。

その後お電話で話が進んで、夕方にJAFで入庫となりました。

引っ越しをして店舗が広くなったので、APEを店内に入れても思ったよりも小さいなと思える余裕。

クランクのスモールエンドベアリングが破損して、10年ほど前にクランクケースを交換した車両です。

今日は何をやってもエンジンが始動しませんでした。
コンプレッションゲージで圧縮を測定も明らかに数値が低い。

お預かりした中古のシリンダーに交換予定です。

チューブレスホイールエアー漏れ

ごくごく少量の空気が漏れている。

001

MRTさんのPX200FL2のリアタイヤ。

約3週間前に計った時より0,4抜けていました。
異物が刺さった形跡もないし、今日はタイヤごと外して水につけてみる。

003

本当に少しずつですが、チューブレスホイールのバルブの付け根からの漏れあり。

一度分解し、対策をして組み付けました。
ツーリング前に原因が判明して一安心。

 

 

 

 

 

 

 

修理でお預かりしていたAPEは、本日お引き取りでした。

ワイパーとエアクリーナー、雨の日の懸念が残りましたが、ひとまずは快調に走行です。

お仕事にお使いとこの事で、働くAPEですね。
また何かありましたら、ご相談下さい。

APE 修理完了後試走

3月らしい、気持ちの良いお天気でした。

修理が終わったAPEは本日試走。

シリンダー交換にステーターの配線修理、あちこち不具合が出ていた灯火類に充電不良もすべて改善。
ブレーキのタッチも、随分と良くなりました。

無事18キロの試走を終えて、修理完了です。

001

先日お預かりの50S?も本日試走。

個人売買で購入直後と言う状態でお預かりしたので、ひとまず現状確認のための試走です。
明日整備をして、完成予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
昨年PX150Euro3の新車をご購入頂いたISIさんのご紹介で、本日ご契約を頂きました。
シルバーのベスパ50s。

005

ありがとうございます。

75ccに排気量アップと、一次減速ギアに強化クラッチへの交換。
気持ち良く乗れる、ファインチューン仕様への変更も含めた納車整備になります。

整備始まりましたら、またこちらで作業内容をご報告したいと思います。

引き続きAPE

お昼ごろお預かりしました。

011

ベスパPX200。

012

PXなので分離給油の車両ですが、ステップにオイルが染み出てますね。

オイルタンクかオイルの覗き窓かなと思い、タンクを外しました。

013

結果的にはオイルホースの劣化で、ホースの亀裂からのオイル漏れです。

015

ガソリンホースも硬化していたので、オイルホースと合わせて交換しました。
長年の滲みがあったガソリンコックとインテークゴムも交換して、修理完了です。

フレーム内に溜まっているオイルがあると思うので、しばらくはステップに染み出ると思いますが、じきに止まりますので、様子を見て頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 
こちらは引き続きAPE。

006

シリンダー交換が終わり、お次はステーターコイルの配線修理。

008

バッテリーが充電されない、他幾つかの症状がありましたが、引き抜いた配線には怪しい個所が何か所かありました。

009

ポイントは最近交換されたそうなので、配線の引き直しとコンデンサーの交換。

あと灯火類が安定しなかった原因には、メインスイッチの不良もありました。
こちらのAPEは6Vバッテリー装備で、メインキーも5段式。

パーキングにキーOFF、そこからキーONになりポジションで、その次がヘッドライト。
メインキーも修理し、すべて正常に動作するようになってます。
バッテリーへの充電電圧も回復です。

005

ご要望のあったワイパーモーターも修理しようと分解するものの、こちらは錆がひどく、コイルが固着。

機会をみて交換が必要そうです。

010

キャブレターにエアクリーナーを固定するネジは折れていましたが、無事に救出。

5ミリのボルトがたびたび折れるそうなので、ただ今対策作業中。

017

こちらもご要望があった前後ブレーキの調整。

コーザなどと同じで油圧のドラムブレーキなので、ドラムとブレーキシューの隙間を調整する必要があります。
そうしないと、ブレーキペダルを3回踏んで、ようやく通常のブレーキのタッチなんてことになります。

019

調整と合わせてブレーキラインのエア抜きも、と思いましたが、ブレーキフルードの状態があまりに良くなかったので、そのままブレーキフルードは交換しました。

タイヤも交換も終わり、明日試走予定。
各部タッチも良くなって試走も楽しみです。