Bongout Staff Blog

タグ: 50s

50s 製作開始

サーキット用50s制作。

image

今週から作業スタートです、MURさん。

可愛らしい黄色のPIRELLIの作業着。

image

エンジン降ろして、ひたすら洗う。

image

バラバラになりました。

002

ひとまず点火はノーマルのポイント点火で行くそうです。

なので、クランクもノーマル19ミリクランクを加工。

いいなぁ。
速いベスパを作るのに、みんなが通る道だなぁ。

という事で、夏の耐久から?秋の桶川から?
またGP参加者が増え、賑やかになりそうです。

インテークマニホールド折れ 50s

24か月点検でお預かりしました。

003

ARIさんのPX200FL2。

なかなかここまで綺麗なFLも少なくなりました。

消耗部品やワイヤーの交換、各部グリスアップの作業はいつも通りですが、お預かり時にお伺いした高速での不具合が気になりますね。
後輪がロックした訳ではないそうですが、速度があまり出なくなったとの事。
燃料が落ちにくい原因があったのか、シリンダー周りのトラブルか。

まずはシリンダー周りを外し、現状を確認してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の走行会。

image

初めての体験走行にご参加のMURさん。

午後に入ってからの2コーナーで初ゴケでした。
その転倒が関係しているかは定かではありませんが、その後走行中にエンジンストップ。
インテークマニホールドが折れていました。

これはピナスコのアルミのインテークマニホールドですが、このトラブルは初めての経験です。
ただ、リジットで先端にキャブレターが付きますから、振動もすごいだろうし、折れても不思議ではありません。
このリジットタイプのインテークマニホールドを数年サーキット走行で使いましたが、はっきり言うと良い事ありませんでしたね。

振動でガソリンが湧くからか、キャッチタンクには毎回大量のガソリンが溜まるし、何よりキャブレター内部の消耗が激しかったです。

image

ちなみにこの満タンなキャッチタンクは、去年12月の筑波の最終戦後。

後半調子が悪く、レース終了後コースアウト時にはエンジン停止。
レッドフラッグで中断レースとならなければ、かなりの高い確率でリタイアだったと思います。

年末の仕様変更で、今はマロッシのインテークにマロッシのキャブレター(PHBL25)を装着しています。
性能や耐久性、ジェットの番手を含めたパワーの出かた、全てマロッシが上でした。

話が逸れましたが、MURさんが乗ったレンタル車両は修理終わっていますので、またいつでも乗れます。

中古車 PX125Euro3

昨日の作業の続きです。

002

#33号車。

シリンダーに、一次減速やミッションギアは部品待ちとなるので、オイル漏れを修理を先に作業します。

004

クランクケースの合わせ部分は、もちろんガスケットを交換するので、その部分のオイル漏れの心配はありません。

一番奥側ということもあって、あまり交換される機会もありませんが、ここからのオイル漏れが割と多いですね。
シフトリンケージのOリング。
アルミのエンジンケース側に巣穴がある場合もありますが、こちらの車両はケース側は綺麗でした。

本日エンジン洗浄に、シフトリンケージOリングまで交換が終わりましたので、あとは部品到着を待っての作業再開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日お電話でお問合せを頂きました、PX125Euro3の中古車。

005

現在125は、レッドとホワイトが一台ずつの在庫です。

007

雨のため、狭い店内での写真で済みません。

レッドが走行7,300キロ、ホワイトは走行150キロ。

詳細気になるところは、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

車両整備 #33

昨晩お預かりしました。

008

OZKさんのベスパ50s。

昨年度最終戦の筑波で調子が悪くなってしまったそうで、レース終了後はエンジンかからずとの事。

001

火は飛んでいてプラグも濡れるので、リードバルブの不良も考えましたが、コンプレッションゲージで計測しても針が上がりませんね。

シリンダーヘッドを外したところ、ピストンヘッドには異物を叩いた跡が無数にありました。

006

2台が絡む転倒があり、8周時点での赤旗中断レースとなりましたが、OZKさんの車両にもドラマチックな出来事が起きていた模様。

これでシリンダー・ピストンは交換になりますが、異物も気になるし、前からのミッションオイル漏れも気になるしという事で、今回クランクケースを分解しての修理となりました。

どうせケースを開けるんだったら、前から気になっていた一次減速も替えたいし、ミッションのギア比も・・・・。
って当然なります。

修理と合わせて、諸々変更予定です。

キャブレターセッティング

昨日と今日、実際の気温より体感温度が低く感じます。
とにかく寒い。

image

寒いけど、試走を繰り返しています。

もちろん、大まかなセッティングは今までのデータとしてありますが、仕様全てが同じ訳ではないので色々試しています。
オーバーパンツを履いたり脱いだりを繰り返し、寒い中乗った甲斐がありました。

最終的に、かなり良いフィーリングになりましたね。

009

良く練習に行く白糸は標高が高いですし、季節やコースによってこれからがジェットセットを持ち歩くようですね。

MJは車載のまま、SJは一度キャブレターを外して交換します。
その辺りのやり方は、次回の練習時に現地で、ですね。

作業お待たせしました。