Bongout Staff Blog

タグ: 24か月点検

24ヶ月点検後半 PX150Euro3

昨日の続きです。

フロントブレーキキャリパーの分解清掃にブレーキフルードの交換。

汚れが溜まっていたハンドル周りも綺麗になりました。

左右ハンドルパイプの分解にグリスアップ。
各ワイヤー類は給油。

普段は軽くやすりを掛けて修正するブレーキレバー。

今回は摩耗がひどいので交換します。
マスターシリンダーのピストンを押す部分なので、摩耗によりバリが出ているとタッチが悪い。

試走も無事終えて作業完了です。
明日はセイジョル二の組み付けかな。

24ヶ月点検 PX150Euro3

24ヶ月点検でお預かりです。
PX150Euro3のドロミテグレイ。

エンジン周りの汚れがひどいので、ひとまず油汚れをこそぎ落としてからの洗浄。

なかなかの量でした。

改めて店内で。

キャブレター周り、滲み漏れはありません。

ジェットを清掃して、キャブレターとオイルポンプ各部増し締め。

汚れていたエアフィルターの清掃。

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

クラッチは綺麗でした。

交換部品はありません。
現在走行38,000キロです。

使用限度まで消耗していたリアブレーキシューを交換。

タイヤも限界まで消耗。

前後タイヤとチューブの交換。
明日続きの作業です。

ブレーキフルード漏れ PX125Euro3

24ヶ月点検後半です、PX125Euro3。

清掃後の写真になりますが。

ブレーキパットがひどくオイリーで、どこから来たオイルなのか。

ブレーキホースとブレーキキャリパーの接続部。

フィッティングから、わずかながらブレーキフルードのオイル漏れ。
見ていくと、SIPキャリパーの形状がフィッティングと合っていないのが原因でした。

たまたまなのか、SIPのキャリパーにありがちなのかは不明ですが、キャリパー側を加工し対処。
その後エア抜き。

ハンドル周り、ワイヤーの給油と左右ハンドルパイプのグリスアップ。

試走後に少しの調整で作業完了でした。

作業お待たせしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

地元、湘南地区のお酒。

茅ヶ崎と香川のレストランには行った事があって、そういえば藤沢と鎌倉にもありましたね。

mokichiを運営する熊沢酒造。
松っちゃん、ご馳走様です。

24ヶ月点検 PX125Euro3

24ヵ月点検でお預かりです。

IWTさんのPX125Euor3。

リミット機能付きから解除CDIへ交換済み車両。

排気がノーマルかどうかで異なりますが、点火時期とエアクリーナー加工が必要に。

キャブレターとオイルポンプ周りの増し締めと点検。

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

欠かさず定期点検でお預かりしていますが、それでもこれだけのオイル汚れが。
クラッチも良い状態なので、交換はありません。

消耗が見られたブレーキシューは交換しました。

金曜日に作業の続きです。

24ヵ月点検後半 GTS250ie

24ヵ月点検後半です。

茶色く濁っていたブレーキフルードを前後交換。

駆動系の分解清掃。

プーリーやクラッチの汚れを落とします。

クラッチセンターナットは増し締め。

エアフィルターは劣化がひどく、役割を果たしていませんでした。

プラグとエアフィルターの交換。
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、作業完了でした。
リフレッシュしましたね。

 

 

 

 

 

 

 

ハンドリングの違和感は。

ステアリングステムベアリングの破損。

一時期動きが渋く、そのあと軽くなる症状はこれです。

LXでは慣れた作業なんだけど、プリマベラはまだ慣れてない。

上下ベアリングとレース交換でした。