Bongout Staff Blog

タグ: 24か月点検

24ヶ月点検作業完了 PX200FL2

本日作業が完了しました、ベスパPX200FL2。

image

お預かり、作業開始が4月上旬です。

24ヶ月点検作業と同時に交換するシリンダーセットの到着が非常に遅れ、お待たせしていて済みません。

そしてお待たせしている間にウェブサイトダウンなどあり、作業写真をFlickerにアップし忘れていますので、作業風景は明日ご紹介します。

あとは試走のみですので、今週末にお引渡し出来る予定です。
試走完了次第、ご連絡いたします。

 

 

 

 

 

 

 

Flickerに上げ忘れている写真があれば、知らない間に上がっている写真もありました。

image

とひとりごとです。(NZEさんに感謝)

茂原かな?筑波かな?

今シーズンの開幕戦が3月24日でしたが、第2戦も気が付けばもう2週間後ですね。
5月19日に茂原ツインサーキット。

image

次戦からマスタークラスに混ぜて頂けることになったので、ゼッケンベースもイエローへ変更です。

ゼッケンを剥がすのもカッティングだったら楽なのに、ペイントだったから一苦労。
と言っても、作業はKBSさんに丸投げです。

そして、ドライカーボン製のエンジンフラップのペイントは取れず。
いい加減作業に疲れたKBS氏は、ペイントをマッキーで塗りつぶすのでした。

19日も、前回みたいに晴れると良いですね。

24ヶ月点検 GTS250ie

24ヶ月点検でお預かり中です。

image

ベスパGTS250ie。

初期型のGTSですが、以前ボングーの試乗車として活躍していた車両で、その後現在のオーナーOOMさんにご購入頂きました。

当時輸入元だった成川商会が、よみうりランドの駐車場を借り試乗会を行ったのですが、そのイベントに合わせてペイント後試乗車として新車を下ろしました。
いつだったかなと調べてみると2008年5月ですって。
時が経つのは早い。

image

肝心の作業です。

前後ブレーキキャリパーの分解清掃に、ブレーキフルードの交換。
リアブレーキはブレーキパットを交換しました。

image

プラグ交換にエアフィルターの清掃。

image

駆動系の分解清掃に各部点検。

駆動系の交換部品はありません。

その他オイルにオイルフィルターの交換、冷却水も交換しました。
ハンドル回りレバー類のグリスアップもし、あとは試走をして週末のお引き渡し予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「練習行かないの?」
と度々聞かれましたが、昨日はなぜか行きませんでしたね。

image

洗車して、急きょ湘南台までバイクを運び、帰りに中国名菜青葉さん。

ご夫婦でベスパに乗るFKZさんのお店です。
ランチタイムは目が回る忙しさでしたね。
美味しいですから、納得の混雑です。

排骨麺にサービスで出して頂いた春巻きでおなかいっぱい。
ご馳走さまでした。

24ヶ月点検 PX150Euro3

24ヶ月点検で、MURさんからお預かり中のPX150Euro3。

002

作業が終わり、本日試走でした。

サーバートラブルに絡み、作業写真無く済みません。
リアタイヤに放射状に散っていたクラッチからのミッションオイル漏れも、ばっちり直っています。

これで日曜日のツーリングも安心ですね。

image

先日頂いたスパークリングワインは美味しかったです。

一晩で開けてしまいました。
ご馳走さまでした。

24ヶ月点検 PX200FL2

昨日お預かりしましたPX200FL2。

004

24ヶ月点検作業開始です。

まずは高速道路上での不具合が気になりますので、シリンダーとピストンの状態確認から。

006

フレームにエンジンが積載された状態でも、スタッドボルトから外していくとシリンダーは外せます。

007

結果から言うと、高速道路上で力が出なくなった原因にシリンダーやピストンは関係ありませんでした。

焼き付きや抱きつきの形跡はなく、使用に伴う許容範囲内での傷のみです。

008

通常は浅い線傷はペーパーを当て修正、ピストンリングは交換で行く範囲内ですが、今回は少しでも傷んでいたら交換して下さいとのご依頼ですので、シリンダキットを純正で交換。

しばらく部品待ちとなります。

そしてシリンダーがこの状態ですので、疑わしいのは燃料系かと思います。
こちらは引き続き作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の風も止み、穏やかな春の日になりました。

001

遊びに来ていたTKHさんから、崎陽軒の「鯛めし」の差し入れ。

陽気に誘われて桜の下で食べたくなりますが、美味しい上品なお弁当で、思いがけず素敵な昼食でした。

インテークマニホールド折れ 50s

24か月点検でお預かりしました。

003

ARIさんのPX200FL2。

なかなかここまで綺麗なFLも少なくなりました。

消耗部品やワイヤーの交換、各部グリスアップの作業はいつも通りですが、お預かり時にお伺いした高速での不具合が気になりますね。
後輪がロックした訳ではないそうですが、速度があまり出なくなったとの事。
燃料が落ちにくい原因があったのか、シリンダー周りのトラブルか。

まずはシリンダー周りを外し、現状を確認してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の走行会。

image

初めての体験走行にご参加のMURさん。

午後に入ってからの2コーナーで初ゴケでした。
その転倒が関係しているかは定かではありませんが、その後走行中にエンジンストップ。
インテークマニホールドが折れていました。

これはピナスコのアルミのインテークマニホールドですが、このトラブルは初めての経験です。
ただ、リジットで先端にキャブレターが付きますから、振動もすごいだろうし、折れても不思議ではありません。
このリジットタイプのインテークマニホールドを数年サーキット走行で使いましたが、はっきり言うと良い事ありませんでしたね。

振動でガソリンが湧くからか、キャッチタンクには毎回大量のガソリンが溜まるし、何よりキャブレター内部の消耗が激しかったです。

image

ちなみにこの満タンなキャッチタンクは、去年12月の筑波の最終戦後。

後半調子が悪く、レース終了後コースアウト時にはエンジン停止。
レッドフラッグで中断レースとならなければ、かなりの高い確率でリタイアだったと思います。

年末の仕様変更で、今はマロッシのインテークにマロッシのキャブレター(PHBL25)を装着しています。
性能や耐久性、ジェットの番手を含めたパワーの出かた、全てマロッシが上でした。

話が逸れましたが、MURさんが乗ったレンタル車両は修理終わっていますので、またいつでも乗れます。