Bongout Staff Blog

タグ: 24か月点検

24ヶ月点検 PX150Euro3

24ヶ月点検でお預かりしました。

ベスパPX150Euro3。

キャブレターとオイルポンプの点検。

ガソリンホースとオイルホースを交換します。

室内保管だと、オイル点検窓は割れませんね。
紫外線ですね。

エンジン回りも綺麗にされていて作業が楽でした。

オイルポンプ駆動ギアの点検。

外したクラッチは良い状態でした。

減っていたリアブレーキシューはNEWFRENへ交換。

同じく交換時期が近づいていたリアタイヤも交換しました。
週末に引き続き作業です。

24か月点検 GTS250ie

24か月点検でお預かりしました、YMKさんのGTS250ie。

ご購入頂いて4年、現在12,000キロの走行です。

電池交換で時計が復活するかは運次第。

多少の腐食を掃除して、電池交換で復活。

前後ブレーキフルードを交換して、レバーピボットはグリスアップ。

フロントブレーキキャリパーの分解清掃。

ピストンを掃除してシリコングリススプレーをしてから回転させます。
これで2年間タッチの良いブレーキに。

リアブレーキも同作業。

パットの表面は定盤で一皮むいてます。

駆動系の分解点検。

クラッチベルの汚れを取り、各部清掃とクラッチナットも増し締め。
年間2.500キロの走行との事なので、次回点検時にはベルトやスライドブロック、ウェイトローラーが交換になります。

冷却水の交換。

いつも点検に出して頂いているので、交換した冷却水も綺麗。

プラグとエアフィルターの交換。

この後エンジンオイルとオイルフィルターを交換して作業完了、と行きたい所ですが、夕方に用事が出来たのでオイルとフィルターは明朝交換します。

この24か月点検ですが、現在何人かの方にお待ち頂いています。
順番に作業していますので、もうしばらくお待ち頂ければと思います。

24ヶ月点検 PX125Euro3

FSNさんからお預かりのPX125Euro3。

24ヶ月点検です。

Euro3の整備には必須?
ガソリンコックの分解洗浄。

新車組みつけ時のグリスが良くない。
劣化していたオイル窓も交換しました。

キャブレターとオイルポンプ周りの点検。

オイルパイプ緩みあり。
焼き付きの原因にもなるので早期発見で良かった。

クラッチを外します。

オイルポンプ駆動ギアの点検。

外したクラッチは良い状態でした。

リアブレーキシューはNEWFREN製へ交換。

フロントブレーキキャリパーの分解清掃。

ブレーキフルードは交換します。

ハンドルパイプのグリスアップと、各ワイヤーのグリスアップ。

プラグとミッションオイルを交換して、先ほど試走も終えました。
作業お待たせしました。

24か月点検後半 PX150Euro3

24か月点検後半です。

昨日分解したキャブレター、キャブレターケースとオイルポンプ。

定盤で面研します。

組み付けた後、プラグを外してクランキング。

2サイクルオイルの吐出を目視で確認。
オーバーホールしたキャブレターを取り付けます。

ハンドル周りです。

左右パイプをグリスアップに、各ワイヤー類の交換。

ブレーキキャリパーの分解清掃に、ブレーキフルードの交換。

日没位に作業終了でした。

こちらの作業をしながら飛び込み修理多数。
バタバタの週末でした。

24か月点検 PX150Euro3

24か月点検でお預かりです。

ベスパPX150Euro3。

もう扇風機を回して作業をする季節。

キャブレターにキャブレターケース、オイルポンプを分解。

各部洗浄します。

クラッチを外します。

クランクシャフトから駆動される、オイルポンプ駆動ギアの動作点検。

外したクラッチの点検。

良い状態でした。

リアブレーキシューはNEWFREN製へ交換。

ガソリンタンクを外します。

硬化していたガソリンホースとオイルホースを交換します。

ひび割れていたオイル点検窓も交換し、動作が硬かったコックは分解洗浄。

引き続き、明日作業予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文を頂いていたシートが到着。

リプロのシートも色々あるけれど。

再生産後のシートでこんな物もあったんですね。
今回初めて取り寄せました。

PIAGGIOマークも入っているし、全体的な雰囲気も悪くない。

何個か取り寄せたので、ご興味のある方はご連絡下さい。