Bongout Staff Blog

タグ: 納車整備

中古車納車整備 GTS250ie

ご契約を頂いた中古車。

001

GTS250ieの納車整備です。

フロントブレーキキャリパーの清掃。

003

リアもブレーキの清掃。

010

前後ブレーキレバーのピボットのグリスアップに、ブレーキフルードの交換。

009

駆動系を分解します。

011

走行300キロと低走行の中古車なので、新車整備に近い感覚ですね。

004

冷却水(LLC液)の交換。

その他プラグ交換にエアフィルター点検。
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、作業が完了です。

001

試走中、低走行ならでは(しばらく動いていなかった車両)の不具合やエラー表示もありましたが、そちらも改善。

テスターでのエラー検出もなくなりました。

明日の納車お届けになります。

チューブレスホイール 50s/100

ご契約を頂いている中古車のベスパ125ET3。

003

中古車納車整備です。

006

走行距離にもよりますが、大体シリンダーも一度外しています。

ある程度の修正や、オイルの種類や乗り方により、カーボンの付着が多いケースもありますね。
カーボンが悪さをして、ピストンリング固着、もしくは固着寸前なんて言う事も珍しくありません。

こちらの車両は良い状態でした。

008

ブレーキクラッチと外します。

006

クラッチカバーのアームを抜き、Oリングの交換。

クラッチ版の交換をし、重たいノーマルのダブルスプリングは再利用しません。
(株)ベスパさんオリジナルのクラッチスプリングへ交換。
現在販売されているものは、改良を重ねられているようで3型です。

順調に作業が進みますが、週末は一度作業中断になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

50s/100用のチューブレスホイール入荷のタイミングで、昨日50sにチューブレスホイール装着のお問合せをメールで頂いていましたので、こちらでご紹介します。

012

ありそうでなかった50s用のアルミチューブレスホイール。
今まではET3の足回りを流用し、リムタイプのチューブレスホイール装着しか選択肢がありませんでしたが、こちらならポン付けですね。

メールでチューブレスホイールのメリットは?とのご質問もありましたが、軽量だったり剛性が良かったりもメリットの一つです。
あと現実的な所では、パンクをした時の急激なエアー漏れが少ない事。
また、純正のスチールの合わせホイールは、錆びに悩まされますね。
この悩みからは解消されるのではと思います。

015

ET3/PXタイプのチューブレスホイールと違い、ビードの逃げも十分。

慣れた人なら手組みもOKなのも嬉しいですね。
在庫ありますので、ご興味のある方はお問合せ下さい。

ゼッケン製作 #61

カッティングマシンを引っ張り出して。

005

早いもので、来週末がVespa GP開幕戦。

皆さんのご協力を頂きながら準備です。

009

今シーズンから参戦のMTMさん。

忙しく遊んでいる暇がなさそうですので、イメージを伺いながらゼッケンを製作。
ベスパは曲面が多いので、綺麗に張るのはもう至難の技。
時間をかけて努力しましたが、納得のいく仕上がりにはなりませんね。

大目に遠目に見ていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事もしています。

001

整備が終わったPX125Euro3は、本日試走でした。

風が強かったですが、もう日中の試走はオーバーパンツなしで大丈夫。
良い季節になりました。

肝心の試走ですが、快調のまま30キロを走行。

整備お待たせしました。
これからたくさん乗って楽しんで頂ければと思います。

納車整備後半 PX125Euro3

納車整備後半です。

007

PX125Euro3。

ノーズカバーを外して、配線の点検にメインキーのグリスアップ。
不思議と、Euro3のメインキーは使っていると動きが渋くなります。

014

ブレーキキャリパーの分解清掃に、ブレーキパットの面取り。

ブレーキフルードは交換します。

006

ハンドル周り、ワイヤーの整備です。

012

ワイヤー類の交換に、ハンドルパイプのグリスアップ。

この辺りの整備がしっかり出来ていると、各部操作のタッチが良く、乗っていても楽しいですね。
残すは試走のみ。

明日試走が終わり次第、ご連絡いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月の走行会のために、番外編。

002

48年前のバイクの部品が手に入るというのはありがたい事です。

004

クラッチの滑りも直り、準備万端。

あとは調子に乗ってコケないようにしないと。

納車整備 ベスパPX125Euro3

先日ご契約を頂きました、ベスパPX125Euro3。

003

中古車納車整備です。

005

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

002

外したクラッチは分解点検。

ブレーキもクラッチも新車のようですね。
走行150キロです。

012

クラッチをエンジンへ戻します。

トルク管理が大切です。

014

キャブレターにキャブレターケース、それにオイルポンプを分解。
各部定盤で面研します。

Euro3モデルは新車から混合気の設定が薄いため、納車整備ではスロージェットを交換しています。

010

コックの点検にガソリンホースの交換。

オイルポンプを組み付けクランキングを繰り返し、2サイクルオイルの吐出を目視で確認したところで、整備一日目が終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
日に日に春らしくなってきて、バイクに乗るのも苦にならなくなってきました。

016

今月末からイベント再開という感じで、24日(日)はVespa GP開幕戦が茂原ツインサーキット。

翌週31日(日)が山中湖ツーリングで、月が替わった週明け、4月3日(水)は走行会イベントがやはり茂原ツインサーキット。

4月3日(水)の走行会イベントは、お付き合いのある部品問屋さん主催で、多種多様なミニバイクが参加するとの事。
我々はもちろんベスパで走行しますが、ヤマハのリトルツインも持ち込む予定です。
今日長らく待っていたクラッチも手に入ったしね。

ベスパに限らず、小排気量車でのサーキット走行にご興味がありましたら、締め切りはまだ間に合います。
お気軽にご連絡下さい。