Bongout Staff Blog

タグ: 納車整備

納車整備後半 PX150Euro3

昨日の納車整備の続きです。

キャブレターケースにオイルポンプを組み付けます。

プラグを外してクランキング。
2サイクルオイルの吐出を目視で確認。

オーバーホールしたキャブレターを取り付けます。

タンクを外し、ガソリンホースとオイルホースを交換。

リアブレーキシューはNEWFREN製へ交換。

ブレーキキャリパーの分解清掃に、ブレーキフルードの交換。

ワイヤー類の交換にハンドルパイプのグリスアップ。

後はバッテリーを交換してから試走です。

納車整備 PX150Euro3

中古車納車整備です。

PX150Euro3。

キャブレターとキャブレターケース、オイルポンプを分解。

新車で自店販売車両なので、普段ここはパス出来る作業。
新車納車整備時に作業しているので。

ただキャブレターケースからのオイルの滲みが気になったので再整備。

低走行なのでクラッチは綺麗。

本日オイルポンプ駆動ギアの動作点検まで。

明日続きの作業です。

本日都合により早じまいです。

納車整備完了 ベスパ100

撮影協力は松っちゃん。

残りの作業を終わらせて、納車整備が完了ですベスパ100。

50sのボアアップでもET3でもないこの排気音。
これが100の良さかな。

フロントブレーキのタッチがなかなか気に入るようにならなくて、
思いがけず、フロントブレーキの整備だけで2時間使う予定外。

硬化していたシートも張り直し、週末に試走で完了の予定です。

納車整備続き ベスパ100

納車整備の続きです。

ベスパ100。

クラッチを交換。

ドライブシャフトのオイルシールを交換し、ブレーキシューも交換。

溝入りのNEWFREN製です。

納車整備と合わせて、ホイールをチューブレスへ交換のご依頼も。

タイヤは昔からベスパに使われているミシュランのS83。
純正のイメージが強いのでチューブタイヤと思いきや、もともとチューブレスですS83。

ノーマルの雰囲気を崩さず良いですね。

点火系はポイントとコンデンサーの交換。

燃料タンクに燃料コック、キャブレターを清掃。

混合使用のためごみが混ざりやすので、タンクは綺麗に見えても洗います。

フロント周り。

操作の要ですね。

ハンドルパイプの分解と洗浄。

ハンドルパイプとウィンカー用インナーパイプを擦り合わせ、スムーズに動作するように。

グリスアップして組み付けます。

各ワイヤーを交換しながらの組み付け。
明日も作業の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご注文を頂いていたマフラーですが、コロナの影響で到着が大幅に遅くなりました。

せっかく新しくしたマフラーが全く見えませんが。
良い色のGTRですね。

かなり古いマフラーだったので、快調になったのではと思います。
無交換なら45年前くらいかと思います。

納車整備開始 ベスパ100

整備が終わったPXEuro3。

本日試走でした。

日中も日が出ず、寒い一日でした。
吸排気の変更に点火の変更もあり、ピックアップも良くなりましたね。

週末の納車お届けです。

 

 

 

 

 

 

 

整備開始は先日ご契約を頂いた中古車、ベスパ100。

ビンテージシリーズの中古車も少なくなりました。

まずはクラッチの交換から。

また整備進み次第、ご報告します。