Bongout Staff Blog

タグ: 板金塗装

作業続き3日目

組み付け作業3日目?

006

フロント周りを組みつけます。

P125X。

008

オメガグリス77と同様に、愛用している同じくオメガグリス57。

011

車体にフロントフォークが付きました。

013

まだまだ塗装後のパーツが段ボールにふた箱。

017

ボルトやナット類は新品か、再メッキした物を使います。

こちらのハンドルピンチボルトは再メッキした物です。

021

本日ここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼前に見た天気図は、なかなか危険な感じでしたね。

image

来月は晴れますように。

今週は26日(水)~28日(金)が臨時休業となります。

組み付け

組み付けを進めています。

002

P125X。

ヘインズのマニュアルがチラッと見えています。
スモールは慣れていても、ラージボディのレストアは正直こなしてない。

005

ハーネスとアウターワイヤーも通り、徐々に形になって来ました。

ここまで来ると完成が楽しみですね。

明日は21日(金)は臨時休業となります。

板金塗装 P125X

板金塗装に出していたP125Xが戻りました。

006

一口に板金塗装と言っても、今回は年式もあり、フレームから小物に至るまで、全てブラストに出してからの板金塗装。

008

錆びて小さな穴もあったメインフレームステップ部分も、綺麗になりました。

004

小物まで合わせるとかなりの部品点数です。

ちなみにこのシルバーは、PX200FL1のシルバーメタリックなので、メタリックがかなり効いています。
光の当たる部分と影の部分の明暗がくっきりと出て、なかなか良い仕上がり。

時間を作って組み付け作業ですが、完成が楽しみです。

サンドブラスト

オールペイントでお預かり中の、ベスパP125X。

image

板金塗装をお願いしているKさんと相談の上、今回はすべてサンドブラストをしようという事になりました。

image

こちらがサンドブラストから上がってきた状態です。

何度か上塗りされた塗装と錆、全て剥がれました。
40年経っている車両、また再塗装され錆も多かったという事で、今回はサンドブラストをしました。
ここまでしっかりと下地を処理しておけば、これから乗っていく上で安心ですね。

image

サンドブラストで地が出ていますので、まずは全てにサフェーサーを吹き、そこからの板金になります。

最終的な車体色の決定に少し迷っていらっしゃったので、もしこちらをご覧になっていたら、一度ご来店頂き車体色のご相談を出来ればと思います。

image

image

image