Bongout Staff Blog

タグ: ベスパ100

ウォーターポンプ交換

ボンネットが開いている写真ばかりだ。

アメリカから買った部品が届いて、朝から交換作業。

坂本さんが貸してくれた寝板があって、随分助かりました。
寝ころんだまま車の下を移動出来て、初めて使いましたが便利ですね。

新品でインペラーが錆びているのはご愛敬。

ウォーターポンプと一緒に買ったベルトも交換。

エンジン音も元通り静かになりました。

11月から乗るより部品を待っている時間が長かったですが、レースもオフシーズンで良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 
立春ですが、日が出ず寒い一日。

整備が終わったベスパ100は試走でした。

途中ガソリンスタンドで給油。
店にはハイオクしかなかったので。

ポイント点火の車両はレギュラーガソリンがパワー出ますね。

整備お待たせしました。

納車整備完了 ベスパ100

撮影協力は松っちゃん。

残りの作業を終わらせて、納車整備が完了ですベスパ100。

50sのボアアップでもET3でもないこの排気音。
これが100の良さかな。

フロントブレーキのタッチがなかなか気に入るようにならなくて、
思いがけず、フロントブレーキの整備だけで2時間使う予定外。

硬化していたシートも張り直し、週末に試走で完了の予定です。

納車整備続き ベスパ100

納車整備の続きです。

ベスパ100。

クラッチを交換。

ドライブシャフトのオイルシールを交換し、ブレーキシューも交換。

溝入りのNEWFREN製です。

納車整備と合わせて、ホイールをチューブレスへ交換のご依頼も。

タイヤは昔からベスパに使われているミシュランのS83。
純正のイメージが強いのでチューブタイヤと思いきや、もともとチューブレスですS83。

ノーマルの雰囲気を崩さず良いですね。

点火系はポイントとコンデンサーの交換。

燃料タンクに燃料コック、キャブレターを清掃。

混合使用のためごみが混ざりやすので、タンクは綺麗に見えても洗います。

フロント周り。

操作の要ですね。

ハンドルパイプの分解と洗浄。

ハンドルパイプとウィンカー用インナーパイプを擦り合わせ、スムーズに動作するように。

グリスアップして組み付けます。

各ワイヤーを交換しながらの組み付け。
明日も作業の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご注文を頂いていたマフラーですが、コロナの影響で到着が大幅に遅くなりました。

せっかく新しくしたマフラーが全く見えませんが。
良い色のGTRですね。

かなり古いマフラーだったので、快調になったのではと思います。
無交換なら45年前くらいかと思います。

納車整備開始 ベスパ100

整備が終わったPXEuro3。

本日試走でした。

日中も日が出ず、寒い一日でした。
吸排気の変更に点火の変更もあり、ピックアップも良くなりましたね。

週末の納車お届けです。

 

 

 

 

 

 

 

整備開始は先日ご契約を頂いた中古車、ベスパ100。

ビンテージシリーズの中古車も少なくなりました。

まずはクラッチの交換から。

また整備進み次第、ご報告します。

セレクター交換完了 ベスパ100

試走には持ってこいの日和でした。

セレクターが新品だとなお気持ちいい。

修理お待たせしました。

 

 

 

 

 

 

 

 
夕方は早じまいして、修理に出していたユーロバンの引き取りへ。

これでしばらく続いた借り物のハイエースの生活に終止符。

止まらないハイエースより、止まるユーロバンに乗り続ける不思議。
主に止まるのは長距離だったから、来シーズンからは安心してサーキットへ行けるかな。

20年前の並行輸入車なのに、快く修理を引き受けて頂き感謝です。
同じ症状で困っている方がいるかも知れないので、いつか詳しく書きます。