Bongout Staff Blog

シリンダー交換 PX125Euro3

エンジン焼き付きのため、レッカー入庫でお預かりのPX125Euro3。

シリンダーを分解します。

ピストン、シリンダー共にしっかりと焼き付いていました。

シリンダーとピストン交換後に、キャブレターを外して2サイクルオイルの吐出を確認。

試走して修理完了となりました。

2 comments for “シリンダー交換 PX125Euro3

  1. No.62
    2022年1月14日 at 8:50 PM

    ほう。PXのシリンダーキットをストックしているのですか。それだけやばい部品なんですね。

    • bongout_staff
      2022年1月15日 at 4:53 AM

      在庫はたまたまです。ノーマルシリンダーは、オイルを切らさない限り簡単に焼き付きを起こしたりはしませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA