Bongout Staff Blog

オイル切れエンジン焼き付き PX200BME

走行中にエンジンロック。

焼き付きの疑いと言う事で引き取りに伺いしました。
PX200BME。

オイルが来ない訳はないのだけどな、と思いながらホースを外すとオイルは来ていない。

ここが原因ですね、分かりやすい。

オイルポンプの緩みでエアーをすってしまい、オイルが回らなかったようです。

ここ用の工具があって、これで締め付けます。

オイル切れでしっかりと焼き付いていました。

外したシリンダーとピストン。

純正シリンダーキットを使います。

ピストンリングのギャップ調整と、シリンダーとピストンのポートのバリ取り。

組み付けます。

点検のためガソリンタンクを外します。

劣化していたガソリンホースとオイルホースを交換。

お見積りご連絡時には気づきませんでしたが、オイル窓もクラック多数。

交換します。

ご依頼がありオイルも入れ替え。

オイルが落ちてこなかったのはエアーが噛んでいただけで、ホース交換後はスムーズに落ちました。

BMEだからセル付きで楽が出来るはずのオイル吐出確認。

軽量フライ装着でセルモーターはなし。
地道なキックでオイルの吐出を目視で確認。

夕方に試走が終わり、一泊二日の修理お預かりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA