Bongout Staff Blog

メンテナンス PX150Euro3

メンテナンスでお預かりしました。

ベスパPX150Euro3。

スロットルの戻りが悪いという事で、スロットルパイプの分解。

グリスが寒さで硬くなるので、冬は動きが硬い方向にはなります。

古いグリスを落とし、新しいグリスを使って組みつけます。

減っていたフロントブレーキパットは交換しブレーキフルードは交換。
レバーはピボットのグリスアップ。

ガソリンコックも動きが硬いとの事。

これは新車組みつけ時からのグリスの問題。
ガソリンを一度抜き、コックを分解。

洗浄とグリスアップでこちらも動きが柔らかくなります。

リアブレーキシューも減っています。

いつも使っているNewfren製ですが、これは個体差がなく効きが均一なのと、コントロール性の良さから。

ドラムも汚れが目立ちます。

ドラムの清掃と合わせてリアタイヤをミシュランのS83へ交換し、日帰り修理となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末の話ですが、反省会@TC1,000。

去年のVespa GP最終戦となった筑波で、各々納得が行かない走りだったため、都合を合わせ練習です。

午前は4輪の走行、午後からクラス分けのミニバイク走行枠。
その間のお昼休みに清掃車がコースに入るなどは、さすが筑波サーキット。
普段の走りなれているミニバイクコースとは違います。

平凡なタイムで終えた#20と違い、#55番の三浦氏は好タイムを連発。
去年からGPクラスのレベルが一気にアップして、なかなか表彰台に乗るのが難しくなっては来ましたが、来シーズン表彰台の常連になりそうな予感です。

皆さん無転倒で何より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA