Bongout Staff Blog

キックギア修理 LX125

キックギア不良でお預かりです。

image

ベスパLX125。

綺麗なカラーですね。

この水色のメタリックと言うのは、不思議と旧車にも新型にも合う、数少ないメタリック色ではないかと思っています。
何々の純正色だったとかそういう事ではなくて、何となくの直感的な感想。
自宅ご近所YSDさんのカルマンギアも水色メタリックでしたね。

あのカルマンギア、以前年式をお伺いしましたが忘れてしまいました。
ただ、燃料計は装着されていない車両でしたね。
燃料計が装着されていない車を、女性が普段使いされているのに驚きです。

image

話がそれました。

ハンドチェンジベスパでしたらミッションオイルに浸っているキックギアですが、オートマチック車はグリスのみ。
それも使わないと錆も出て、ベルトのカスも付いて、いざ必要になった時にはうまく動かないことが多いですね。
分解とグリスアップで修理完了。

インジェクション車全盛で、キックギア装着の車両も少なくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

サーキット用ベスパの製作、今年2台目はMURさんの車両になりました。

image

週明けの月曜日から作業開始の予定ですので、明日辺りに車両はお店に運んでおこうと思っています。

こちらのMURさん、出来る限りご自分で作業をしたいとのご意向。
比較的作業場をオープンにしているので、ご自分での作業も歓迎です。
特にサーキット使用となると、この機会に少しマシンいじりに慣れて頂いて、ちょっとしたメンテナンスもご自分で出来るようになるといいですね。

ゆくゆくは我々も楽が出来ますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA