Bongout Staff Blog

エンジン始動 PX125FL2

雨ですね。

006

整備がはかどります。

昨日の作業の続きは、PX125FL2。
エンジン周りが終わりましたので、今日は車体の整備です。

007

ゴリゴリと動きの悪かったステアリングステムのベアリング。

ベアリング、レース共々錆が酷い状態です。

010

ベアリングとレースを交換します。

013

ハンドルパイプのグリスアップと、ワイヤーはリアブレーキ以外全て交換。

005

マスターシリンダーは、リペアキットを使いピストンシールを交換します。

014

フロントブレーキキャリパーの分解清掃。

015

ブレーキパットに含まれる鉄分が錆びたようでした。

こちらもなかなかの錆具合。
交換します。

002

板金塗装のご依頼のあったサイドパネルは、塗装から上がって来ています。

017

放置期間中に錆でどうしようもなくなってしまったシートは、純正の新品へ交換。

先ほど無事にエンジン始動です。

ケース内に2サイクルオイルが溜まっていたので、煙が多いですね。
試走である程度距離を走りますので、お渡しの時は通常の煙の量になっていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前にVimeoにアップした、こちらの車載動画。

「臨場感とアングルが良いね」
と好評でした。

走りの方は、半クラッチを当ててごまかしていますが、ギア比が全然合っていません。

しかし、改めて見てみるとピッチングが半端じゃないですね。
さすが10インチって感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA