Bongout Staff Blog

スロージェット

走行中エンジンストップ、再始動せずということで、引き取りにお伺いしました。

006

TZKさんのベスパ125ET3。

つい先日も同じ症状が出て、その時はスロージェットに詰まった綿ゴミの掃除で復活。

007

ただ、またすぐに同じ症状が出てしまいましたので、今回はキャブレターを分解しました。

この間掃除したスロージェットには再び綿ゴミが付いていて、フロート室内も少し汚れていましたね。
キャブレターの分解清掃後、念のためガソリンホースにもフィルターを増設しました。

その糸くずは、どこから侵入した物なのかですが、計量カップからの侵入パターンが多いと思います。
あとは、シートのウレタンのゴミがタンク上や小物入れにも落ちますので、ゴミが多く出る方は計量カップをビニールなどに入れておいた方がトラブルが少ないと思います。

あとは計量カップを使わず、メモリ付きのオイルボトルから直接タンクへ、は間違いないですね。

ちなみにですが、もとからET3のスロージェットは詰まり易い作りです。
一度長期放置をしてキャブレターがひどく汚れた車両などは、スロージェットは交換が吉です。

本日キャブレター清掃後、朝昼晩と3回に分けて、合わせて30キロを試走しました。
今のところ快調です。

休み明け再度試走で問題がなければ、作業完了かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
先日はツーリングお疲れさまでした。

008

タンデムでご参加はOKBさん。

今日は前後タイヤをミシュランS1へ交換でした。
また、ご購入当初から悪かったというアクセルのツキですが、これはスロージェット交換で対処しました。

Euro3は新車時の混合比の設定が薄いですからね。

今日合わせてキャブレターの調整もしたでの、また今度感想をお伺い出来ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA