Bongout Staff Blog

月別: 2014年4月

50sフロントハブ整備

エンジンのオーバーホール他でお預かり中、ベスパ50s。

エンジンの修理作業中、在庫していた新品パーツ(ギアセレクター)の不良が見つかり、作業が一時中断。
そのため、車体の整備を進めています。
フロントハブを分解。

ベアリングプーラーや自作の工具を使って、フロントハブ内のパーツを外していきます。

小さなフロントハブですが、結構メカニカル。
洗浄し、新品のベアリングやオイルシールで組み付けます。

このあと、ステアリングステムのベアリング交換にハンドルパイプの整備、各インナー・アウターワイヤー交換と、ほぼ納車整備相当の内容での整備です。
お待たせして済みません。

いよいよ明後日になりました、スクータークロス。

やっぱり直前まで何もしなかった。

というわけで、明日は一日かけてフロントハブをET3用へ入れ替えて、前後タイヤとホイールの交換。
ついでにマフラーも交換の予定。
この間のツーリングは、残念ながら帰りに降られて寒かったですが、明後日は晴れで23度の予報。
遊ぶぞ~。

スロットルロール

「デロルトPHBL24キャブレターを付けているんですが、ハイスロットルに出来ますか」

というご相談が少し前にあり、先日車両をお預かりしました。

もともとスモールの構造からすると、24パイのキャブレターを全開まで引くのはぎりぎりです。
ハイスロットルの需要もあるだろうし、何かカスタムパーツが出ていても良さそうですが、私の知る限りではないですね。

それで、少し前から、シンプルに何とかならないかと考えていて、本日ノーマルのスロットルロールをちょこっと改造。

スロットルロールに穴を開け、2,5ミリのカラーを同径のリベットで固定。

ちょうど良い具合に、ハイスロットルになりました。
これでちょっと乗って頂けますでしょうか。

GTVに、ブレンボのブレーキキャリパー。
無事に付いたそうです。

ありがとうございました、と伝言を預かっています。

今週は第4週になりますので、明日火曜日と明後日水曜日が定休日となります。

通勤途中

今朝の通勤はET3。

自宅から国道一号線に出てすぐ、大磯で三台くらいのベスパとすれ違いました。
ツーリングかな?と思いましたが、今日は大磯ロングビーチでエクスチェンジマートなので、そちらかもと思ったり。

街中でベスパとすれ違うと嬉しくなって、思わず手を振りたくなりますが、根が明るい方ではないので、とっさに手が出ない。

ET3を乗ったついでに、しばらく見てみないふりをしていたキャブレターのオーバーフローを修理しました。

現在作業がある程度つまっていますが、パーツの入荷待ちや在庫新品パーツの不良の発覚、こちらの作業ミス、と諸条件が重なって、なかなかお預かり車両の作業が進んでいません。
お待たせしてご迷惑をお掛けします。

クラッチインナーレバー

「クラッチレバーの感触が、スカスカになりました」
とご連絡を頂き、お預かりしました。

ベスパ50s。
クラッチワイヤーが切れたのか、それともエンジン内部のクラッチインナーレバーが折れたのか。
ほとんどがこのどちらかですが、ワイヤー切れの場合は握ったクラッチレバーが戻りません。
クラッチインナーレバーが折れた場合、ワイヤーとクラッチアームのスプリングは機能するので、抵抗感はありませんが握ったクラッチレバーは戻ります。

今回はクラッチインナーレバー折れでした。

中央で折れているのがクラッチインナーレバーで、その上は新品です。
改造していない50sで折れるのは珍しいですね。
ほとんどがボアアップに伴う強化クラッチや、ダブルスプリングになっているET3に多い故障です。

クラッチの修理の際、合わせて作業になることが多いドライブシャフトのオイルシール。

オイルシールの不良によりミッションオイルがブレーキに流れ込み、ブレーキの効きが悪かったと思います。
合わせて修理完了しています。

雨の日に

雨の日にやってしまいたいことを、もう一つ思い出しました。

ベスパとはイタリア繋がりのBenelli。
諸事情でしばらくお預かりしています。

2サイクルのマフラー詰まりは、ドラム缶で焚火の中に入れちゃうのが手っ取り早い方法。
ただ、焚火も近頃はうるさくなっているようなので、こんな天気の日にこっそりとやりました。
熱を入れてエアーを入れての繰り返して、だいぶ出て来ましたね。

2サイクルがまだ街中に沢山走っていた頃、8年くらい前かな?までは、特殊な薬剤でマフラーのカーボンを除去します、という業者が埼玉にあって、助かっていました。
今は需要が無くなり、そのサービスも終了しています。

マフラーはOKになりましたが、放置のため吹け上がりが悪い。
キャブレターの掃除で作業完了です。