Bongout Staff Blog

1979

先日引き取りにお伺いしました。

10年ほどの不動期間を経て、今回走れるようにと整備をすることになった、3速ギアのベスパ100。

車体と同色のガソリンタンクが綺麗だったのは救いです。
スロージェットが欠品していたキャブレターを分解、プラグから火花は飛びません。

点火の要、ステーターコイルの整備。

さすが30年前の車両となると、配線は引っ張ると切れてしまうほどの劣化、交換した形跡のないポイントとコンデンサーを交換し、ひとまずエンジン始動まで。

今回の復活作業、限られた予算の中での作業進行になりますので、整備が必要な個所の優先順位を決めないといけません。

明日考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA