Bongout Staff Blog

ご一緒に

15年ぶり、復帰作業中のスプリントV。

ガソリンタンク内は錆がなく状態が良かったのですが、いざガソリンを入れ替えてみると結構なゴミが蓄積していました。
タンク内を清掃し硬くなったガソリンホースを交換。

ステーターの配線は傷んでいますが、プラグに火は飛んでいます。
細かい整備はあとからで、とりあえず始動確認のためキャブレターの分解清掃、ガスケットとフロートバルブの交換をします。

2回のキックで難なく始動、アイドリングも安定していますね。

もともとシンプルで丈夫な乗り物なので、こういったことも珍しくありません。
最終的にどのあたりまで整備が必要になるかはまだ分かりませんが、ワイヤーやブレーキ、そしてタイヤの交換整備をして、少し試走で乗り込んでみます。

当時のベスパクラブの活動を思い出しながら、3月のツーリングご一緒にいかがですか?    ^^
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA