Bongout Staff Blog

負担になったら

昨年の秋ごろから今年にかけて、アメリカンバイクからベスパへ乗り換えの方が重なりました。

アメリカンと言われるスタイルのオートバイは、ホイールベースも長くフロントフォークのキャスター角も寝ていて、真っすぐ走り易いように出来ているんですね。

広大なアメリカ大陸を走るには向いていますが、信号で止まることも多く交差点も多い日本を走るのは少し大変かもしれません。
また、重量のあるオートバイというのはちょっと乗るのに家から出す、ということ自体がおっくうになってしまい、手前にある小さなスクーターばかり乗るというのはよく聞く話です。

あまり乗らないともったいないし、エンジンがかからなくなったら困るしで、だんだんと気持ちの面で負担になってくることもありますね。
せっかく楽しいオートバイが負担になってしまっては残念です。

僕も好んで古いクルマを乗っていますが、故障したときの修理が負担になるようになったら手放した方がいいなと思っています。

本日到着しました。

2サイクルモデルの「ベスパ S50」。

こちらの車両は話の流れとは関係なく、乗り換えではありません。。
GTS250とLXにお乗りのNさんのお嬢さん用のスクーターです。
黒い車体色はメッキパーツが映えますね。

来月2月に入ってからの納車ですが、時間を見つけて納車整備に取り掛かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA