Bongout Staff Blog

月別: 2011年3月

修理とはまた違った楽しみ

まずはメインハーネスを通しますが、ハーネスはそのままだと柔らかく通りにくいので、導き用のワイヤーを一本通します。

そのワイヤーにハーネスの先端を付け、ワイヤーを引っ張りながらフレームの中にハーネスを通します。

普段はエンジンスタンドを載せ、エンジンの修理の作業に活躍している油圧の作業台ですが、車体の組み付けにも活躍。

無事にメインハーネスが通ったところで・・・・・・

テールランプの取り付けを。

ノーマルより小ぶりの旧型テールですが、車体と同色でよい雰囲気です。

これだけ綺麗に仕上がったフレームに、綺麗にしたパーツや新品のパーツを組んでいく作業なので、普段の修理とはまた少し違った気分。

緊張感を伴いながらも少しずつ形になっていく過程は、なんとも言えません。

寒さ引き続き

「夏が暑かった年の冬は、寒さが厳しい」
と言いますが、今年はまさにそのとおりでした。

去年の猛暑にも参りましたが、今年の冬は寒かったですね。
今朝も、もう3月も終わりだというのに、庭の水は凍っていました。

上着の襟もとを気にせず、気持ちよくスクーターで走れる季節が待ち遠しいです。

ここのところ修理のお預かりが少なく、作業もひと段落。

明日からはET3の組みつけ作業が出来そうです。

塗装をしてピカピカですから、傷を付けないように慎重に。

いい色ですね。

本日お店のある茅ケ崎市は、18時20分より停電の予定です。

18時20分にて閉店させて頂きます。

気がつけば11年

「常時点灯式のヘッドライトを消したい」
と、昨日電話でのお問い合わせがありました。

1998年の道路運送車両法の改正により、「バイクは昼間もライトオン」ということになり、エンジン始動後はヘッドライトが消せない構造になりました。

ベスパのビンテージシリーズの製造が終了したのが2000年なので、最終型が常時点灯式となります。

せっかくライトスイッチも付いていますので・・・・・・・

こちらは最終型ではなく、もとからライトがオンオフ出来るタイプです。

常時点灯の最終型は、白く丸で囲った所に配線が来ていません。
それなので常時点灯の最終型のライトスイッチを有効にするためには、こちらに何か適当な配線を入れて、反対側を車体の金属部分に固定すれば大丈夫です。
非常に簡単な作業ですね。

気がつけば生産中止から早11年。
車両は減る一方ですので、少しでも車両の維持のお手伝いが出来ればと思います。

今週は第4週になりますので、明日火曜日と、明後日の水曜日が連休となります。

心地よい速度

毎日通勤で走っている、国道一号線大磯の松並木。

水仙があまりにも綺麗だったので、立ち止まって写真を一枚。

ゆっくり走っていると、街の移り変わりや自然の変化などが目に入ります。
そんな走り方にちょうどいいのは、排気音も速度も心地よい100cc位かなと思います。

今日は少し早めに家を出たこともあって、この後は少し遠回りしての出勤でした。

日中は日差しも十分にあり、力が入る修理などは少し汗ばむくらい。

修理が終わったあとの試走でも、久しぶりにシールドなしのヘルメットです。

時が経つのは早いもので、3月ももうすぐ終わりですね。

ベスパ S150ie。

展示車ですが、本日到着しました。

去年の桜のころは

週末で車両を見に来くる方々も多い一日でした。

直接の被害が少ない神奈川県ですが、ガソリンの不足により通勤をスクーターに、という方もいるようです。

こんなときに、電動のソレックスはもってこいですが・・・・・。

まだまだ認知度が低いようです。

ここのところ、日用雑貨やガソリンなどの買占めをやめましょう、と言われています。
ここにきて日用雑貨の売り切れは少なくなっているようですが、ガソリンスタンドに出来ている行列には驚きます。

少しでも多く、一番困っている被災地に届くといいですね。

暖かくなってきて「ツーリングの予定は?」との声もあがる季節になりました。

去年の桜の季節は、道志道で山中湖まで。

現在ツーリングの予定は未定になっていますが、今年も毎月日曜日にツーリングを企画する予定です。