Bongout Staff Blog

「クラッチバビョ~ン!」は宿命か

「綺麗だね~」 「気持ちいいね~」
と、組みつけの作業を見た方からは、ここのところ好評です。

フロントのハブも付き、車体の方はスムーズに作業が進んでいますが、エンジンはまだ手つかずだったり・・・・・・・。    汗

車体を組み付ける手を止め、エンジンの作業も進めます。

とりあえずは分解。

クラッチがダブルスプリングのET3なので、クラッチを外す特殊工具は入らず、外すには外側のCリングを外し「バビョーン!」と。

「ET3はこれが宿命だ・・・・」
と、諦めている方もいるかも知れませんが、こうならないように、ボルトと長ナットを使いクラッチ交換が出来たりします。

http://blog.livedoor.jp/vespa_no5/archives/1295208.html

個人の方のブログですが、細かく丁寧に説明がありますので、ET3のクラッチ交換をご自分で、と考えている方は作業前にご覧になるといいかも知れません。

エンジンの分解作業が完了しました。

本日は閉店後、片道一時間のお引き取り。
体力温存、温存。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA