Bongout Staff Blog

トラックのブレーキ整備

昨日、買取依頼の50sを閉店後に引き上げに行った際、どうもトラックのブレーキがおかしい。

効きが悪く、ブレーキを踏むと車体が右へと行ってしまいます。
12月の終わり頃に一年のお疲れ様とブレーキを整備しようとちょうど思っていたのですが、これだけ症状が出ていると危ないので、本日午後から修理車の作業を中断し、トラックのブレーキを分解しました。

ジャッキで車体を上げて、前輪ブレーキを分解します。

ブレーキをかけた際に右へと車体が行ってしまうので、おそらく右のブレーキは正常に作動し、左のブレーキに異常があるのではないかと思います。

左側のブレーキですが、ブレーキシリンダーからブレーキフルードが漏れだし、ブレーキシューもドラムもオイルまみれでした。これではブレーキは効きません。しかし早めに気付き作業にとりかかって良かった。遠出したときだと危なかったです。

右側は特別問題がなく、ブレーキシリンダーの動きも良いので、ブレーキのかすを掃除し、ベアリングをグリスアップして組み付けます。

試しにブレーキシューにスリットを入れてみたりして。  笑
効果があるかこちらは楽しみです。

後は明日部品の手配をして部品待ちとなりました。

この週末で預かりの修理車がたまってしまいました。
ET3の納車整備もありますので、明日からまた二輪作業に戻ります。  ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA