Bongout Staff Blog

月別: 2010年4月

手首が痛い方に朗報!

一昨日の続き、数年間乗らなかった50sの整備です。

キャブレターと発電機の修理は終わったので、今日は操作系のハンドルの整備とワイヤー交換をします。

ハンドルの分解作業は修理に納車整備にと良くしますが、こちらに画像は載せたことがなかったですね。
この作業、ベスパに必要な整備の中でもかなり重要な部分。アクセルの操作とギアチェンジの操作が硬いと、乗るのが嫌になる位憂鬱なものです。

アルミのヘッドライトケースの中に左右からパイプが入っているので、そこを分解します。
ライトの中は様々なワイヤーの集合地点みたいです。

ハンドルパイプを抜きました。

下から見ると古くなり硬くなったグリスがベットリと付いています。グリス切れや錆などで動きが硬くなると思いがちですが、実は硬さの一番の原因は古くなったグリスです。

外したパーツですが、狭いところに結構な数のパーツが入っていますね。

古いグリスをおとし、ハンドルパイプとの接触面を400番程度のペーパーで整えます。
あまりやりすぎると操作は軽くなりますが、ハンドルパイプにガタが出てしまうので注意。

あら綺麗。

こちらのパイプの方はスチール製なので、少し錆も出てたりします。
錆と古いグリスをとり綺麗にします。

これがハンドルパイプとその固定部品。
グリップが付いていない方のパイプは中に通りウィンカーを固定する役目を果たしています。

グリスを付けて組み付けます。
この時に使うグリスは柔らかめがいいです。
硬いグリスを使うと、それが抵抗になり動きが重くなりますので。

ライトケース内のパーツを付けてクリップをはめてもとにもどりました。

ここでスタッフ山ちゃんが修理の終わったトモスを試乗に。
点検他、ブレーキワイヤーの交換やウィンカーの修理、ミッションオイル交換など。
試乗も終わり無事に修理完了です。

そしてハンドルパイプの組みつけの後はワイヤー交換です。
クラッチ、フロントブレーキ、ミッション、スロットルのワイヤーを交換します。
クラッチとフロントブレーキはアウターも交換します。

抜いた後の古いアウターワイヤー。
交換して良かったですね・・・・。  ^^;

飛び込みの修理をしながらだと、ほぼ一日かかってしまう作業です。

しかしその効果はてきめん!!
今までの硬かったアクセルとギアチェンジがうそのように軽くなります。
まるでストレスなくスコスコとギアが入る感覚は最高!
すべてのベスパにこの作業をしたら、もっとベスパに乗る人が増えますよ、きっと。  笑

とここまで、一通りの作業をしてきたので、閉店後の試乗もばっちり。
調子のよい50sはホントに気持ち良く走ります。

ハンドルの作業は違いがはっきりとわかるので、お客さんにもとても喜んでもらえます。
納車が楽しみ。

本日トップページにアップしましたが、ボングーはゴールデンウィーク中も通常営業致します。
たぶんみなさんお出かけで、あまりお客さんは来ないかも知れません。

「旅行中にあなたのベスパ直します!」

50sでノスタルジックに。

今朝はP200Eで通勤です。

風はまだ冷たいですが、雨の心配をしなくてベスパに乗れるのは嬉しいですね。

一週間ほど前から修理のご予約を頂いていた、座間にお住まいのOさんのベスパ50s。
なんと80年式のワンオーナー!
素晴らしいコンディションを保っていますね。

タイヤも新車当時のタイヤで、再生産前の旧型なので黒メーター。
塗装の状態も良く、ハンドル回りも綺麗です。

ピアジオステッカーも古いタイプですね。

こんなところに車体番号のステッカー!!
これは初めて見たなぁ。

ブレーキは丸穴で、ステップの錆も無し!

ここまでオリジナルの状態で残っているのは少ないでしょうね。
思わず興奮!
30年間のオーナーとの絆を思うと、幸せな気分になれます。

そして肝心の修理はクラッチ交換。
すでに完全にクラッチが滑っていて、どのギアでもエンジンの回転ばかり上がってしまって、前に進みません。
50sはパワーがない分、幹線道路などで車の流れに乗るために、どうしても半クラッチで加速してしまいます。
それなので、案外距離は乗っていないのになぁということもありますね。

無事にクラッチを分解。
どこのボルトも誰にも触られた形跡がなく、30年前にイタリアで組みたてられてから初めて僕が触るのかぁ、となんとなく変態に近い快感を覚えたりしながらの楽しい作業です。

多少の錆もあったので、クラッチプレート、フリクションプレート共に交換しました。

そしてメーターの針のブレが気になるということで、メーターケーブルのグリスアップ。
しかし結局グリスアップでは治らず、ケーブル交換になりました。

そして各部グリスアップ、点検もしながら完了です。
途中飛び込みの作業などでお待たせして済みませんでした。
これでまたクラッチは30年!?もちます。

そう考えると一回きちんと整備をすれば、次にその個所を整備するのは何年後、何十年後なんて考えると、次はスクーターがダメになるのが先か、それとも自分があの世へいくのが先か、なんてなってきますね。
でも乗り物は直しながら付き合って行くのが楽しいですから、そんなスタンスで自分の乗り物とは付き合っていきたいなぁ。

そんなロマンチックなこと言ってないでブログの更新が遅いぞ!
ですね。
済みません・・・。
本日作業内容をアップするお約束でしたが、遅くなりました。

また遊びにいらしてください!

遠方からのお客様!

今朝は開店前に藤沢駅近くまで、修理のベスパを引き上げに行きました。

朝方まで雨が降っていましたが、今日は良い天気になるかな!

こちらが引き上げてきたベスパ50s。
50のなかでもそこそこ古いモデルです。
数年間乗っていなかったとのことなので、一通り整備が必要ですね。

まずはキャブレターのO/H。
キャブレターのO/Hは先日も載せたので、今回画像はナシです。
ホースとパッキン類も交換して終了。

続いては電気系のリフレッシュ。

画像のフライホイールに付いているのは、フライホイールを取るための工具「フライホイールプーラー」です。
これをフライホイールにねじ込んでからボルトを締めると取れるのですが、ここで要注意。
大体が硬いので、それじゃもっととネジを締めていくと、エンジン側のネジ山が広がって壊してしまいます。

そこで・・・。
特殊工具というにはかなりお粗末ですが、エンジン側のネジ山にナットをかませてからフライホイールプーラーを使います。
付いているナットだと大きすぎてフライホイールプーラーの中に収まらないので、これは外径を削って小さくしてあります。

そしてフライホイールが取れると、発電コイルが出てきます。
配線はやはりボロボロ。

こちらはとくにひどいですねー。

点火に大事なポイントも表面が荒れてしまって、要交換です。
ポイントとコンデンサー、それに劣化していた配線をすべて引きなおして、ハイ完成です!

もともとバッテリー無しのか弱い6Vの発電です。
それなのに配線があんなでは電気がもったいない!
末端に来るころにはだいぶ損をしてしまいます。

キャブレターやらなんやらやっても調子がイマイチという方は、一度電気を疑ってみてください。

無事にエンジンも始動し、今日はここまで!

そして午後にお店に遊びにいらしてくれた大阪のMさん。
はるばる600キロ10時間!

明日開催されるベスパクラブ神奈川のイベント「横浜ラン 2010」に参加の為、前日の神奈川入りです。
去年のベスパミーティングジャパン以来なので半年ぶりでしょうか。
ベスパ談義に花が咲き、長いことお引きとめしてしまいました・・・・。  ^^;

今回乗ってこられたのはベスパPX200GS。
珍しい角目ライトのベスパです。
88年に購入したワンオーナー車で、走行距離は8万キロオーバー!!
楽しんでますね~。

来年は僕も参加しようかな!?

今日は残業でちょっと遅くなりました。。。

晴れているから久しぶりにベスパで帰ろう!

楽しい休日。

今週は第2週でしたので、火曜と水曜が連休でした。

火曜日は、犬の散歩で知り合った近所のIさんと一緒に、Iさんが車を預けてあるというご友人宅へ遊びに行ってきました。

こちらがIさんが預けてある車。

「バンデン プラ プリンセス」ADO16シリーズの中でも、小さなロールスロイスと言われる位豪華な装備でしられるイギリス車です。
テレビドラマ「刑事貴族」で使われていたことでも有名になりました。
ガレージの中できちんと管理もされているので、エンジンもブースターをつないだらすぐに始動!
現代の車と違い、触媒のない排気音がなんとも心地良いです。

そのほかガレージには貴重な車が何台も!
左の車は「FIAT ABARTH750」
特徴的なルーフ形状からダブルバブルと言われるそうです。

古い車が好きな人には夢のような環境。
近所は信号もないような道ですので、テストコースも完璧!
車もさることながら、壁にかかっているアンティーク雑貨も面白いものばかり。床には分解中のシリンダーヘッドまであり、何時間見ていても飽きません。

「せっかくだから」ということで、わざわざガレージからバンプラをだしてくださり、僕のモーリスとツーショット!

さすが同じ型式、後ろからだとほぼ一緒です。
イギリスの田舎風景のような背景もばっちり。 
Iさんのバンプラはなんとも言えない落ち着いた青で、僕の大好きな色の一つです。

車の知識が全然ない僕には、とても刺激的な一日となりました。

そしてお邪魔しましたTさんが現在For Saleにしている「FIAT プント」をご紹介します。

2006年モデル、プントHGT(通称プントアバルト)、右ハンドル、5F、検H22年12月、走行52,000KM、ETC付き、内外装特に悪いところなしですが、安全サイドに考えるとそろそろタイミングベルトは変えておく方が良いかもしれません。タイヤ前4部、後ろ7部山程度、前2本は次回の車検で変える方が良いと思います。H22年度自動車税こちらで負担、リサイクル券も込みの条件で、38万円!

「ちょっと人と違う車に乗りたい!」という方、いかがですか?

ツーリング報告!

本日午前10時のボングーです。
ここのところ不安定な天気が続いていましたが、本日は天候にも恵まれ、日差したっぷりの中朝の談笑中。

新旧のスクータが集合しました!
ハンドチェンジのスモールベスパとランブレッタ、それにオートマチックではGTSにジレラネクサス250。

このメンバーで出発!

スタート時点で私のET3のメーターは6,762キロ。
山中湖往復で150キロくらいかな!?

休日で天気も良いので、車もバイクもかなりの人が出ていました。
まさにツーリング日和。
まずはR134で平塚まで、そこから北上します。

七沢、津久井方面へ。
このあたりからは車も信号も減ってきて、気持ちよく走れます。

巡航速度はほぼ時速60キロ位。

今年は天候不順の影響で、桜が満開になる前に散ってしまったような感じでしたが、山の方は今が満開といった感じで、あちらこちらで綺麗な桜も楽しめました。

これは津久井湖あたりかな?

気持ちの良いワインディングが続きます。

津久井湖を抜け、R413の道志道に出たところで初めての休憩。
ここまできたらもう気温も下がり始めているかと思ったら、「この上着失敗だったかなぁ。。。」と冬の上着を後悔するほどの良い天気。
ここで上着を脱いだ人もいるくらいでした。

ここの桜も満開!
今日はホントに桜が楽しめたなぁ。 ^^

後は目的地の山中湖までは一本道。
道志道をひた走ります。
道路標示だと山中湖まで38キロ!

ここ道志道のすばらしいのは、山中湖までの38キロの中でなんと信号が2つ!!
気持ちのよいワインディングがずっと続きます。
しかし途中標高の高いところは気温がグッと下がって、信号もないので止まることもなく、もうちょっと信号あってもいいかな・・・・・・・。と思ったりも。      ^^;

無事に山中湖に到着!
みんなで写真を撮ればよかったのに、肝心な集合写真を忘れました。
身体も冷えたので、ゆっくりと休憩してお昼を食べました。

十分な休憩で体力も復活したので(おしりの痛さも取れたので)、帰りは篭坂峠でR246に出ます。

こちらの桜も満開!!

秦野や小田原から参加して下さった方もいるので、最後はR246で解散です。

さてメーターは・・・。
6,926キロ!
走行164キロのツーリングとなりました。
走り出してからメーターを撮ったので、大体170キロくらいでしょうか。
久しぶりに「走ったなぁ~」と思えるツーリングとなりました。
なるべく車と信号が無いワインディングの道ばかりを選んだので、
おそらくみなさんクタクタでしょうか。
今日はビール飲んだらよく眠れるだろうなぁ~。

今日参加して下さったみなさま、ありがとうございました!
おかげさまで楽しいツーリングとなりました。
この場をかりてお礼申し上げます。m(__)m

暖かい時期は出来るだけ沢山走りたいので、また来月も企画する予定です。
今回都合がつかず参加出来なかった方も、また企画しますので、どうぞご参加ください。

またツーリングに対するご意見もお待ちしています。

「お前、飛ばしすぎだろ!」

「もっと早く日程を決めないと、都合つけられないぞ!」

「お昼を食べたジョナサンで、{ いや、これしかなかったよ }とか言って、間違えてぞうさんの書いてある子供用のコップでカフェラテ飲むんじゃないよ!」

などなど、沢山の御意見をお待ちしています。
直接いいずらい方は無記名でポスト投かんも可!です。  ^^