Bongout Staff Blog

明日のツーリング

今月、5月のツーリングが明日です。

048

一日を通して、目的地静岡の降水確率はO%だから、雨の心配はありませんね。

ただ、ここ連日の強い日差しに加え、最高気温は31度の予報です。
途中十分な休憩と水分補給をしながらの予定です。

061

井筒屋さんでこんな昼食の予定です。

5月26日(日) 由比桜えびツーリング
午前8時ボングー出発
第2集合場所 午前9時 国道1号線 箱根口交差点 セブンイレブン
(神奈川県小田原市南町2-1-53  小田原南町店)

事前の出欠確認はありませんので、どなたでもお気軽にご参加下さい。

チューブレスホイール 50s/100

ご契約を頂いている中古車のベスパ125ET3。

003

中古車納車整備です。

006

走行距離にもよりますが、大体シリンダーも一度外しています。

ある程度の修正や、オイルの種類や乗り方により、カーボンの付着が多いケースもありますね。
カーボンが悪さをして、ピストンリング固着、もしくは固着寸前なんて言う事も珍しくありません。

こちらの車両は良い状態でした。

008

ブレーキクラッチと外します。

006

クラッチカバーのアームを抜き、Oリングの交換。

クラッチ版の交換をし、重たいノーマルのダブルスプリングは再利用しません。
(株)ベスパさんオリジナルのクラッチスプリングへ交換。
現在販売されているものは、改良を重ねられているようで3型です。

順調に作業が進みますが、週末は一度作業中断になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

50s/100用のチューブレスホイール入荷のタイミングで、昨日50sにチューブレスホイール装着のお問合せをメールで頂いていましたので、こちらでご紹介します。

012

ありそうでなかった50s用のアルミチューブレスホイール。
今まではET3の足回りを流用し、リムタイプのチューブレスホイール装着しか選択肢がありませんでしたが、こちらならポン付けですね。

メールでチューブレスホイールのメリットは?とのご質問もありましたが、軽量だったり剛性が良かったりもメリットの一つです。
あと現実的な所では、パンクをした時の急激なエアー漏れが少ない事。
また、純正のスチールの合わせホイールは、錆びに悩まされますね。
この悩みからは解消されるのではと思います。

015

ET3/PXタイプのチューブレスホイールと違い、ビードの逃げも十分。

慣れた人なら手組みもOKなのも嬉しいですね。
在庫ありますので、ご興味のある方はお問合せ下さい。

今月のツーリング

本日flickrは大規模メインテナンス中。

なので、写真をアップする事が出来ませんね。
再開を待ちましたが、音沙汰なし。
ご報告作業写真はたくさん撮りましたが、また後日と言う事で、週末に迫ったツーリングのお知らせです。

5月26日(日) 由比桜えびツーリング
午前8時ボングー出発
第2集合場所 午前9時 国道1号線 箱根口交差点 セブンイレブン
(神奈川県小田原市南町2-1-53  小田原南町店)

奥多摩湖ツーリングみたいな、ひたすらワィンディンが続くのは苦手、と言う方には、由比桜えびツーリングはおすすめですよ。
こちらは、ひたすら国道1号線を真っすぐですからね。

寒さの心配なく行けるツーリングが楽しみです。
天気の心配もなさそうですね。

ご参加お待ちしています。

50s 製作開始

サーキット用50s制作。

image

今週から作業スタートです、MURさん。

可愛らしい黄色のPIRELLIの作業着。

image

エンジン降ろして、ひたすら洗う。

image

バラバラになりました。

002

ひとまず点火はノーマルのポイント点火で行くそうです。

なので、クランクもノーマル19ミリクランクを加工。

いいなぁ。
速いベスパを作るのに、みんなが通る道だなぁ。

という事で、夏の耐久から?秋の桶川から?
またGP参加者が増え、賑やかになりそうです。

Vespa GP第2戦

昨日Vespa GP第2戦が、茂原ツインサーキット。

image

相変わらず朝は早い。

何とか天気は持ちましたね。

image

当日新品のタイヤセットを組んでいる方もあれば、車載カメラも準備万端。

image

予選の結果次第で本番のスタート順位が決まります。

それだけに気になりますね。

今回も寝ずに一晩で動画編集はOGTさん。

いつもありがとうございます。

image

GPクラストップは、スポット参戦のSTOさん。
おめでとうございます。

そして表彰台に二人乗ったのは、川名スイートレーシング。
タイムをどんどん縮めて、乗っているお二人です。

image

今回マスタークラスのバトルが熱かった。

予選から全員が40秒台。
熾烈なバトルを制したのは、不動のエースMYCさん。
茂原でのベスパでのコースレコードを、マスタークラス全員が塗り替えるという、壮絶なレースになりました。

ゼッケン20番ONS選手は一週目の2コーナーで転倒リタイヤでした。
マスタークラスデビューで力み過ぎが原因かと思われます。
次回頑張って下さい。
俺か。

次は7月の秋ヶ瀬での耐久レース。
これはちょっとお祭りみたいな感じで、ワイワイと楽しめるレースですね。

楽しみです。