Bongout Staff Blog

タグ: PX150Euro3

24ヶ月点検 PX150Euro3

24ヶ月点検で、MURさんからお預かり中のPX150Euro3。

002

作業が終わり、本日試走でした。

サーバートラブルに絡み、作業写真無く済みません。
リアタイヤに放射状に散っていたクラッチからのミッションオイル漏れも、ばっちり直っています。

これで日曜日のツーリングも安心ですね。

image

先日頂いたスパークリングワインは美味しかったです。

一晩で開けてしまいました。
ご馳走さまでした。

24ヶ月点検 PX150Euro3

先日メンテナンスの為お預かりしました。

015

SRIさんのPX150Euro3。

24ヶ月点検です。
エンジン周りの汚れがひどいため、ただ今洗浄中。
フロント周りから作業開始です。

009

フロントブレーキキャリパーの分解清掃。

007

更にサスペンションも外します。

ご自分で作業された時に、スピードメーターケーブル取り付けのネジを痛めたしまったとのご指摘。
タップを立て、ネジ山を修正しました。

ここは変な角度でネジが入っているので、メーターケーブルを抜くときも、外さず緩めるだけが良いですね。
Euro3後期からは、抜け止めのクリップが入っているので外さないとケーブルは抜けません。

014

ホーンの取り付け修理に、メインキーのグリスアップ。

013

ハンドルパイプのグリスアップに、各ワイヤー類を交換します。

ご指摘のあったアクセルの戻りの悪さ、折れたミラーステーの除去も合わせて作業してあります。

010

コックの動きが硬かったのは分解清掃で直っています。

ガソリンホースにオイルホース、オイル点検窓を交換。
修理お引き取りにいらして、そのまま日曜日のツーリングにご参加予定との事。

明日作業の続きです。

24か月点検 LX150ie

24ヶ月点検が続きます。

019

お預かりしたLX150ie。

リアブレーキの分解清掃。

020

フロントブレーキも同じように分解清掃です。

005

プラグとエアフィルターの交換。

image

ハンドルカバーを外し、左右ブレーキレバーのグリスアップ。
ブレーキフルードは、随分汚れていました。

image

フルードを交換します。

006

駆動系の分解点検です。

007

昨日のGTVと同じく距離が浅いため、交換部品はありません。

008

ただ、クラッチのジャダーの症状が出ているとの事でしたので、クラッチの当たりを念入りに修正。

001

特に上り坂での発進時にジャダーが出るとの事でしたので、普段の試走ルートにはない坂道を探し、発進停止を繰り返しテストしました。

今日の試走では平坦な路面に坂道発進を繰り返しましたが、今のところ、ジャダーの症状はありません。
しばらく乗って様子を見て頂ければと思います。

先ほどお電話しましたが繋がりませんでしたね。
作業完了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日レッカー車で入庫は、ベスパPX150Euro3。

「振動は感じるが、車両が前に進まない」との症状は、ドライブシャフトのスプライントラブルでした。

ここまでになるのは極端ですが、稀なトラブルではありません。

016

リアブレーキドラムですが、中心のスプラインが削れています。

013

ブレーキドラムの交換になります。

015

新品ドラムのスプライン。

019

トルクレンチを使い、ドライブシャフトのナットを締め付けます。

PXのドライブシャフトとクラッチナットは、定期的なトルク管理が必要です。

ドライブシャフトの場合、厳密にいうと割ピンが入ったナットの位置は変わっていませんので、ナットは緩んでいません。
ドラムの痩せ、ドライブシャフトの伸びなどが原因で締め付けが甘くなります。

015

ブレーキに混入した金属粉を綺麗に掃除し、作業完了です。

油面トラブル PX150Euro3

オートバイ販売店さんからの修理ご依頼です。

007

PX150Euro3。

エンジンが綺麗に吹け上がらないんですね。
ガソリンがうまく流れていません。
コックの点検と燃料ホースの交換。
クラックのあったオイル点検窓は交換しました。

あとは、キャブレターも分解清掃。
キャブレターの詰まりではなく、油面が低かったようです。
油面調整が出来ないはずのSIキャブレターですが、どちらかで清掃時にエンジンコンデショナー(キャブレタークリーナー)に長時間浸された事が原因のようです。

フロートバルブゴムが膨れ上がり、油面の変化を起こしたようで、珍しいですね。

試走も終え、修理完了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近通勤での出番は少ない200ラリー。

008

今日は乗りました。

もうしばらく前から気になっていたアイドリング時の薄い症状。
キャブレターの調整と増し締めです。

何年か前にSI26/26  Pinasco ”R”キャブレター に交換してから、最初の頃はこまめにセッティングをしていたものの、一度調整が決まってからはもうずっと放ったらかしですね。
車両もここ数年トラブルはほぼなし。
FEMSA点火のラリーですが、このCDIが一度壊れた位かな?

なるべくオリジナルで乗りたいから、FEMSAのCDIも数個ストックしています。

作業後半 PX150Euro3

24ヶ月点検後半です。

002

PX150Euro3。

昨日キャブレター周り、オイルポンプ周りでした。
クラッチの点検に、センターナットの増し締め。
ドライブシャフトナットと共に、トルク管理が大切な個所です。

006

前後ブレーキの分解清掃。

距離が浅いので、ブレーキパットやブレーキシューの交換はありません。
フロントはブレーキフルードも交換。

008

左右レバーのグリスアップに、ハンドルパイプを分解清掃後グリスアップ。

010

夕方20キロの試走でした。

整備お待たせしました。

明日の土曜日ですが、お昼頃から3時間ほど引き取りのため一人体制です。
作業ご来店の際は、事前にお電話を頂けるとお待たせしません。

と、週末繁盛店のような書き方ですが、誰も来ない時は誰も来ないんですけどね。