Bongout Staff Blog

タグ: PX125FL2

エンジン始動 PX125FL2

雨ですね。

006

整備がはかどります。

昨日の作業の続きは、PX125FL2。
エンジン周りが終わりましたので、今日は車体の整備です。

007

ゴリゴリと動きの悪かったステアリングステムのベアリング。

ベアリング、レース共々錆が酷い状態です。

010

ベアリングとレースを交換します。

013

ハンドルパイプのグリスアップと、ワイヤーはリアブレーキ以外全て交換。

005

マスターシリンダーは、リペアキットを使いピストンシールを交換します。

014

フロントブレーキキャリパーの分解清掃。

015

ブレーキパットに含まれる鉄分が錆びたようでした。

こちらもなかなかの錆具合。
交換します。

002

板金塗装のご依頼のあったサイドパネルは、塗装から上がって来ています。

017

放置期間中に錆でどうしようもなくなってしまったシートは、純正の新品へ交換。

先ほど無事にエンジン始動です。

ケース内に2サイクルオイルが溜まっていたので、煙が多いですね。
試走である程度距離を走りますので、お渡しの時は通常の煙の量になっていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前にVimeoにアップした、こちらの車載動画。

「臨場感とアングルが良いね」
と好評でした。

走りの方は、半クラッチを当ててごまかしていますが、ギア比が全然合っていません。

しかし、改めて見てみるとピッチングが半端じゃないですね。
さすが10インチって感じです。

長期放置 PX125FL2

長期放置からの復活でお預かり中です。

003

ベスパPX125FL2。

現在部品待ちとなっている、はやり長期放置でお預かり中のPX200は、エンジン内の錆でクランクシャフトまで交換になります。
こちらの車両は逆ですね。

放置期間中に、エンジンオイルがクランクケース内に落ちています。
錆びないから良いのですが、まずはクランクケースにたまりに溜まった2サイクルオイルを抜く作業から。

002

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

004

外したクラッチを分解し点検します。

002

こちらはオイルポンプにキャブレター周り。

キャブレターにキャブレターケース、それにオイルポンプを定盤で研磨。
キャブレターをオーバーホールします。

004

キャブレターケースとオイルポンプをエンジンに戻し、プラグを抜いた状態でクランキングします。

2サイクルオイルの吐出を目視で確認。
までいって、今日の作業は終了。

明日引き続き作業予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末がVespa GPなので、一昨日も練習でした。

いつもの白糸スピードランド。

10月に入って、どのレースも佳境に入るんでしょうね。
台数の多い事多い事。
このあと午後は、もっと多くなりました。

先週変えたギア比はしっくり来なくて、週末までに戻そうと思います。

しかし、ゼッケン4番NZE選手は絶好調でしたね。
自己ベストをさらに、一気に更新でした。

週末が楽しみですね。

修理車 PX125FL2

オイル漏れ修理他、24ヶ月点検でお預かりしています。

007

ベスパPX125FL2。

クラッチを外して、クランクから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの点検。

002

外したクラッチを分解します。

004

試走の時、僅かに感じたクラッチの切れの悪さは、この辺りが原因かなという所がありました。

クリアランスの調整。

006

ガソリンタンクを外します。

オイル漏れがありましたね。
オイルとガソリンのホースを交換に、滲みのあったオイルコックを増し締め。

023

キャブレターにキャブレターケース、オイルポンプを分解整備。

定盤で整えます。

キャブレターケースとオイルポンプを組み付け、プラグを抜いた状態で2サイクルオイルの吐出を目視で確認。

分離のPXの2サイクルオイルは、複雑なラインを通りこの穴から出てきます。

002

ガスケット類にフロートバルブ、ストレーナーを交換し、オーバーホールが終わったキャブレター。

004

フロント周り、ハンドルパイプを一度抜きます。

008

古いグリスを掃除して、ワイヤー類を交換。

スピードメーターケーブルは破損していたので、追加で交換しました。
また欠品していたミラーステーは、ご希望があり、ハンドルパイプを抜いた際に取り付けをしました。

005

フロントブレーキの分解清掃にブレーキフルードの交換。

ブレーキのマスターシリンダーも、リペアキットを使いピストンシールなど交換しました。

昨日のご連絡では本日試走まで、とお伝えしましたが、あと少しで間に合いませんでした。
済みません。

明日試走と調整が終わり次第、ご連絡いたします。

修理お預かり PX125FL2

妙に暖かくて、変な天気ですね。

002

修理でお預かりしています。

ベスパPX125FL2。
一番の問題はオイル漏れ、との事でお預かりしています。

一言にオイル漏れと言っても様々ですね。

2サイクルオイルが、タンク・ホース辺りから漏れているもの。
2サイクルオイルとガソリンの混合気が吹き返しでケースを伝っているもの。
ミッションオイル漏れ。
オイル漏れと思っていたらガソリン漏れ。
これは、臭いである程度判別出来ます。

004

分解していくと、キャブレターケースの中にはかなりの量のガソリンが溜まっていました。
それもそのはず、パッキンが一つ転がっています。

この後キャブレターケースを外しましたが、エンジンケースとキャブレターケースの間のガスケットは欠品していました。
漏れている箇所と、これらの状況から、上記の全ての漏れが起きているのかなとの予想。

全体的に整備をとのご依頼なので、24ヶ月点検も含めて作業を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
KWSさんからお預かりのハンドルが二つ。

002

補修溶接ですが、頼んでいる先の仕事が早いので、今週には上がるんじゃないかと思います。

またご連絡しますね。

ピックアップコイル交換

走行中にエンジンストールで、プラグから火花が飛ばず。

003

という、PX125FL2。
引き取りにお伺いしました。

ご自分でCDIユニットは交換されたそうなので、そこ以外に原因がありそうですね。

001

点火系は面倒そうで、案外シンプルです。

ET3は手こずる事もしばしばですが、PXは手こずらない。
テスターで測った計測値でピックアップコイル不良が分かりましたので、スターターコイルを外してピックアップコイルを交換。
このピックアップコイルがET3だと一筋縄にいかない事が多いんです。

試走前に念のためドライブシャフトのナットを増し締めし、遊びの多かったリアブレーキを調整。
急な嵐のような天気になる前に、無事に試走も20キロ終わらせ、修理完了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
「24日の走行会に参加します!でも、昨日アップの休業日に入れ忘れてますよ」

276

と親切に教えてくれたのはFMT君。
すっかり忘れていました。
24日(水)もお休みでした。

5月の休業日は、毎週火曜日(2日・9日・16日・23日・30日)、3日(水)~5日(金)まで休業となります。
14日(日)はVespa GPのため、21(日)はツーリングのため、24日(水)は走行会のため、休業となります。
5月はかなり休むのね。
ご不便をお掛けします。

また24日(水)の走行会はタイヤを買えば走行料無料、という、タイヤ問屋さん主催らしいシステムですが、今日BS BT39ss 3,00-10のソフトコンパウンドは、メーカー欠品との連絡が来ました。
今月末の入荷なので、走行会は間に合わなさそうです。
入荷待ちか、ミディアムコンパウンドに変更、もしくは参加料金5,000円を支払っての走行となります。

ご参加予定の方はご連絡頂ければと思います。