Bongout Staff Blog

タグ: LX125

修理 LX125

修理でお預かり中です。

003

ベスパLX125。

外付け燃料ポンプのキャブレター車で、ここ半年ほど、このタイプの修理が続いています。
燃料ホースがダメになる(ホース自体がゴミを発生してしまう)ので、ひとまず交換されていなかった部分のホースを交換し、キャブレターを掃除。
新車から交換されていなかったプラグと、エアフィルターは交換しました。

故障状況が詳しく分からないのですが、エンジンがかからない時があるそうです。
燃料が来ていないか、点火の問題か。
イモビライザー装備の車両なので、イモビライザー関係の不具合も疑われます。

極力修理の出費が少なくするためには、作業する我々も、出来るだけ時間を掛けない事が大切。
ひとまず今日の作業で交換部品を発注し、部品待ちとなりました。

部品到着まで試走を繰り返します。

 

 

 

 

 

 

 

ET3の納車整備は着々と進行中。

001

週末、土曜日のお引き取り予定に向けて、明日も引き続き作業です。

納車整備後半 PX150Euro3

昨日の整備の続きです。

PX150Euro3 Touring。

キャブレターケースにオイルポンプをエンジンへ戻し、プラグを抜いた状態でクランキングを繰り返します。
2サイクルオイルの吐出を目視で確認。

001

フロント周りです。

ノーズカバーを外して配線の点検に、ブレーキホースの取り回しの点検。
メインキーはグリスアップをします。

002

ブレーキキャリパーの分解清掃に、ブレーキパットの面取り。

ブレーキフルードは交換します。

003

ハンドルパイプ周りの分解です。

006

ハンドルパイプの分解グリスアップに、シフトやクラッチなどワイヤー類を交換します。

スピードメーターケーブルもグリスアップ。

008

特に動きには問題ありませんでしたが、新車からの塗布が少ない、ステアリング上側のベアリングをグリスアップ。

009

その他諸々と、細かい作業を終わらせ、先ほど整備完了となりました。

ご購入頂いたのが遠方の方ですので、明日から予定している試走は少し長めの予定です。
箱根にちょっとしたツーリング気分で、100キロ程の試走を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理お預かり中のLX125は、昨日部品が到着でした。

001

距離を走っている車両で、どうしても調子が出ない車両というのがたまにあります。

アクセルの空ぶかしでの感触や排気ガスの臭いからすると、混合気が濃い症状の場合が多いですね。
加速ポンプ部の摩耗や、各部の消耗によりキャブレターASSYでの交換が必要になります。

014

カラッとシャキッと、交換前とは見違える走りになりました。

修理お待たせしました。

24ヶ月点検

24か月点検でお預かりしました。

006

初期のキャブレターのタイプです。
ベスパLX125。

この頃は割とカラーバリエーションが多くて、明るい色も多くありましたね。
正式名称は思い出せないですが、ピンクやブルーもあって、紫に近いプラムというカラーもお気に入りでした。

007

作業です。

走行距離15,000キロを超したところなので、駆動系のリフレッシュ。

008

使用に伴う駆動系の汚れを落としていきます。

プーリーにクラッチベル、クラッチの分解清掃。
駆動ベルトとウェイトローラー、それにスライドブロックの交換。

キックギアはグリス切れでしたので、錆を落としてグリスアップ。

011

左右ブレーキレバーのグリスアップに、フロントブレーキフルードを交換しブレーキキャリパーは清掃。

その他、プラグにエアフィルターの交換、オイル・オイルフィルターの交換、リアブレーキの分解清掃にリアタイヤは消耗していたので交換しました。
ブレーキスイッチもフロントが不良でしたので、合わせて交換しました。

014

これでまたしばらくは、オイル交換位のメンテナンスで快調に走れますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
「最近他店で新車購入ですが、対応可能ですか?」

003

と本日ご来店頂きました。
PX125Euro3。

他店ご購入車両でも、もちろんメンテナンス可能です。
お問合せ下さい。

005

本日はご相談の上、スロージェットを交換した上でキャブレターの調整。

マフラーも交換になりました。

これだけでも乗った感じはだいぶ印象が変わると思います。
また何かありましたら、お気軽にご相談下さい。