Bongout Staff Blog

タグ: 他店購入

中古車両 ベスパGTS250ie

メールで修理のご相談を頂いていました、ベスパ50s。

IMG_3746

本日車に積載で、町田市より修理ご来店でした。

4月に個人売買で購入され、最近不調が出たとの事。

image

アイドリング付近の失火の症状から、点火系を見ます。

最近、ご近所のオートバイ屋さんでこの辺りも整備をされたそうで、どうりでポイントの状態も綺麗です。

一度問題なしと判断して戻した、ポイントとフライホイールでしたが、ポイントのギャップ調整時に異常を発見。
少し分かりづらいですが、ポイント部のカシメが弱く、遊んでしまっています。
これでは点火タイミングが安定しません。

おそらく交換された部品の新品不良だったのではと思います。
稀にですが、このトラブルも経験があります。

この後、ご依頼のあったクラッチのインナー・アウターワイヤーを交換し、試走で快調に走ることを確認。
日帰り修理となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古車のご紹介です。

008

ベスパGTS250ieのモンテホワイト。

自店販売のワンオーナー車両です。

004

傷や錆などなく、ガレージ保管されていた綺麗な車両です。

003

走行2,800キロ。

010

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

整備ご依頼 PX150Euro3

点検整備でお預かりしました。

IMG_3416

ベスパPX125Euro3。

毎日の通勤が往復90キロと良く走っていらっしゃって、現在走行は2万キロオーバーです。

他店ご購入ですが、こちらでの納車整備相当の整備を、とのご依頼でお預かりしました。

image

キャブレターのオーバーホールです。

スロージェットはノーマルが装着されていましたので、いつもEuro3の対策用として使っている番手へ交換。
番手は48-140です。

もともと新車の混合比が薄い設定なので、交換すると乗りやすくなります。

image

分解したキャブレターにキャブレターケース、オイルポンプは定盤で研磨します。

image

クラッチを外してクランクから駆動される、オイルポンプ駆動ギアの点検。

image

外したクラッチを分解します。

距離も2万キロを超え、痛みも見られたのでクラッチ版を交換します。

image

外したクラッチカバーは、ワイヤーの通り穴のバリを取ります。

image

ガソリンタンクを外し、劣化していたガソリンとオイルホースを交換。

ガソリン、オイル共に漏れはありませんでした。

ここまでで、ひとまず一日目の整備が完了。
明日整備の続きです。

オイル漏れ修理 PX150Euro3

他店ご購入のPX150Euro3。

002

オイル漏れ修理でお預かりしています。

003

キックペダル固定のボルト下から、ミッションオイルが滴っています。

これは思い当たる節がありますが、再生産初期のPXEuro3で、キックギア不良によるオイル漏れが連続して発生しました。
このマリーンブルーのPXは、まさに再生産初期のみの設定カラーでしたね。

006

キックギア交換のためエンジンを分解、クランクケースを分割します。

007

こちらがキックギア固定側のクランクケースです。

008

キックギアにあるキックペダル固定用のスプライン。

これが、製造時に勢い余ってなのかは知りませんが、長すぎる。
クランクケース内のOリングを超えてしまうと、オイル漏れを起こします。

010

それで初期の頃は、キックギアを交換し新車を納めていました。

その時のメモ書きによると、内側から36ミリがオイル漏れを起こすかどうかのラインです。
こちらの車両は残念ながら、ギリギリアウトでした。

ギリギリだったので、漏れる量は少なめだったのかなと思います。

011

こちらが良品の新品。

良品というか、当たり前にこうあって欲しいところ。

012

本日キックギアの交換と試走まで終わりましたので、明日は同時に整備ご依頼を頂いている、ステアリングステムのベアリングとレース交換です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月のツーリングまで一週間。

018

4月22日(日) 午前8時ボングー出発 西伊豆ツーリング

第2集合場所 午前9時 国道1号線 箱根口交差点 セブンイレブン
(神奈川県小田原市南町2-1-53  小田原南町店)

先日お伝えした通り、由比桜えびツーリング改め、西伊豆ツーリングです。

image

お昼ご飯はいつもの「お食事処 澤」。

この写真があれば、今からメニューで悩めます。

ツーリングの食事で大事なのは、もちろん美味しいに越したことはないのですが、駐車スペース、あと一番大事なのは、15~20名で待たされない事。

いつもツーリングは200キロを超えていますので、お昼で時間を取られると、帰りが遅くなってしまいますね。
その点、こちらのお店は今まで並んだ事がありません。
一気に皆さんでご飯にありつけます。

image

そして、海の上で食べてるんじゃないかと思わせるロケーションは最高です。

初夏の陽気にでもなると良いですね。
ご参加お待ちしています。

メンテナンスお預かり PX200FL2

ご夫婦でLXに乗っていらっしゃるOKZさんより、修理でお預かりしています。

011

ベスパLX125。

キャブレターモデルなので、車名の最後にieは付きません。

004

セルモーターを回すと、かなりの量のガソリンが漏れてくるとの症状です。

こちらのモデルはキャブレター車ですが、燃料タンク内ではない外付けの燃料ポンプを装備しています。
それなので、燃圧がかかった時のホースの亀裂などかなとも思いましたが、その場合は燃料ポンプが作動するキーオンで症状が出るはずですね。

キャブレターのオーバーホールのため、分解します。

005

フロート室に汚れが溜まっていたので、原因ははっきりしていますが、念のためフロートバルブの当たり面を軽く擦り合わせ。

この作業は、割り箸を鉛筆状に削ったものが一番。

006

それで、この辺りのキャブレターのモデルで、こちらの青いガソリンホース使用車は、要ガソリンホース交換です。

013

どういう仕組かは分かりませんが、ガソリンホース内に汚れが蓄積して、それがキャブレター内で悪さをします。

007

夏日でしたね。

試走には快適な気温でしたが、風は強かった。
修理無事に完了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年半前にご購入されたというPX200FL2。

016

ご近所のショップでご購入されて、それ以来ノーメンテナンスとお伺いしています。

納車時と同等の整備を、とのご依頼でお預かりしました。

018

ガソリンタンクを外し、ガソリンとオイルのホースを交換。

オイルホースは純正、ガソリンホースは耐久性の高い横浜ゴム製を使っています。
こちらの車両にも装着されていましたが、市販の厚みの薄いホースを使用すると、取り回しの関係で途中で折れてしまう事があります。

017

エンジン周りの分解です。

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの点検。

014

外したクラッチを分解。

019

今回痛みがあったため、クラッチは交換になります。

020

組み付けが終わったクラッチを、クランクシャフトに戻します。

トルクレンチを使い、規定のとトルクで締め付けます。

021

外したクラッチカバーは、ワイヤーの通り穴のバリを取ります。

リアブレーキシューは消耗していたので、このあと交換しました。

明日引き続き作業の予定です。

整備後半 PX150Euro3

昨日の整備の続きです。

006

PX150Euro3。

整備後半フロント周り、ハンドル周りの整備です。
ノーズカバーを外しメインキーのグリスアップに配線類の接続、ブレーキホースの取り回しの点検。

004

ブレーキキャリパーの分解清掃に、ブレーキパットの面取り。

ブレーキフルードを交換します。

008

ハンドル周りの分解作業です。

003

ハンドルパイプを抜きます。

新車からよれているシフト2本にクラッチワイヤーを交換します。

030

グリスアップをしながらの組み付け。

スピードメーターケーブルもグリスアップ。

004

ステアリングステムのベアリング上側、グリスアップをします。

その他、プラグやミッションオイルの交換をし、作業が完了。

先ほどエンジン始動でした。

整備前は、キャブレターの調整不良を補うため、アイドリングが高めにされていました。
スロージェット交換でアクセルのつきも改善し、ミクスチャーの調整でアイドリングも低く安定しています。

強風もあって本日の試走は見送りましたので、また休み明け試走です。