Bongout Staff Blog

タグ: ベスパ100

メンテナンス ベスパ100

「来月から通勤に使うので、気になる所の整備を」

003

との事でお預かりしています。

ベスパ100。
綺麗なアイボリーの100ですね。

001

車両を見させて頂いて、気になったのはハンドリングでした。

それもそのはず、上側ベアリングが上下逆に入っていて、レースを削っています。
グリスっ気はなく、その代りに削れた鉄粉多数。

004

ベアリング・レース共に交換です。

005

オメガ77でグリスアップ。

008

下側もグリスアップ。

014

ワイヤーは全て交換とのご依頼がありましたので、リアブレーキワイヤー以外、全て交換しました。

フロントブレーキとクラッチは、アウターごと交換。

これは今日もお電話で別の方にご説明したのですが、フロントブレーキワイヤーとクラッチワイヤーは、ハンドルの下で90度曲がります。
それなので、テフロンインナーが入ったアウターワイヤーを使うと、タッチが良くなり操作もスムーズになります。
それに比べ、アクセルとシフトのワイヤーはほぼ一直線に位置しているので、テフロン入りを使ってもほぼタッチに差は出ません。

010

安心のためと前後タイヤも交換です。

分解してみた所、ホイール合わせ面がひどく錆びています。
お電話した上で、ホイールも交換になりました。
もちろんチューブも新品です。

013

折れたまま、だいぶ走行していたようですね。

マフラーも交換。

012

ついメンテナンスを忘れがちです。
キャブレターのストレーナ。

細かい糸くずなんかがたまり、ガソリン供給が細くなります。
掃除と合わせて、カチカチに硬化していたガソリンホースの交換。

016

あとはミッションオイルを交換し、作業が完了しました。

明日の雨は明け方で止むみたいなので、試走出来そうです。
試走終わり次第ご連絡いたします。

リコイル修理 ベスパ100

ミッションオイル漏れでお預かり中です。

004

ベスパ100。

お預かり中にも、エンジンの下にバットを置かないといけない位、かなりの量のオイル漏れです。
ミッションオイル注入口のボルトが、果てしなく手で回りますので当然ですが。

サイズは純正相当(M8 x1,25)でしたが、違うボルトに替えられていましたね。
ガソリンを抜いて、車両横倒しでの作業は少しワイルドですが、この作業はドリルの歯が垂直に入るかどうかが命ですので仕方ありません。

001

無事にオイル注入口とドレン、共にリコイル作業で修理完了です。

ボルトは純正に戻してあります。

ホイール交換 ベスパ100

本日午後に、パンクのご連絡で引き取りにお伺いしました。

001

ビンテージシリーズのベスパ100。
古典的な鉄チン合わせホイールです。

限度を超えてのタイヤの使用もさることながら、ホイールの錆がひどいですね。

003

錆は鉄チン合わせホイールの宿命ですが、裏からライトを当てると透けるくらいです。

前後同じホイールで同じように錆びますが、どちらかというとフロントが錆び易い。
置いてある間は、フロントタイヤが雨によりさらされますからね。

005

前後タイヤとチューブ、それにホイールを交換して作業完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
TZKさんからお預かり中のET3も修理完了となりました。

image

たびたび発生したキャブレターの詰まりによる不具合。

キャブレターの分解清掃に、フューエルラインにはフィルターを追加。
4回に分けて、計40キロの試走も終え快調です。

2月にご購入頂いたばかりで中古車保証内作業です。
ご請求はありません。

ご不便をお掛けしました。
週末のお引き取り、お待ちしています。

修理完了 ベスパ100

昨年末に、修理でお預かりしました。

002

ビンテージシリーズ唯一の3速ギアですね、ベスパ100。

ご購入されてからひと月程との事ですが、タイヤやブレーキを始め、一通りの整備ご依頼です。

003

整備前に試走をしたところ、リアブレーキは効きが甘かったですね。

ドライブシャフトのオイルシールが劣化し、ミッションオイルがブレーキに流れ込んでいました。
オイルシール交換後、ブレーキシューは前後交換。

今回、ワイヤー類も一通り交換することになりました。

006

今回の作業での交換部品です。

信号待ちでエンジンが止まるのは、点火系の不具合でした。
信号待ちというか、正確に言うとリアブレーキを踏むとエンジンが止まる症状です。

この症状はポイントを含めた点火系の不具合か、ストップランプのバルブが切れた時の症状ですね。

003

前後タイヤはご指定のミシュランS83へ交換。
定番のタイヤですが、間違いないですね。
一番良く似合います。

割れてしまっていたマフラーも交換。
全ての作業と試走が終わり、本日のお引き取りでした。

また何かありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日お預かりは、KIZさんのベスパ125ET3。

007

お電話では、フロントタイヤがサスペンションに干渉してしまっている、との事でした。

015

フロントタイヤの右サイドウォール、擦れて溶けた跡がありました。

016

左側、フロントフォーク内ピボットベアリングの破損が原因です。

017

しばらくこの状態での走行だったようで、シャフト側もダメージが大きいですね。

012

ベアリングはレースまで削れてしまっていました。

フロントフォークから抜くために、左右ベアリングレースは一部割りを入れての取り外し。
明日お見積りご連絡いたします。

修理完了のご連絡

修理でお預かりしました。

017

MRTさんのベスパ125ET3。

数週間ぶりに乗ろうと思いキックした所、マフラーからガソリンがジャバッと出たそうです。

018

置いてある状態でオーバーフローが発生し、エンジンに流れ込んだんですね。

キャブレターを分解。

019

ガソリンを止めるのはフロートに付いているフロートバルブ。

ここがきちんと機能していないか、フロートが沈没している場合もありますね。

020

フロートの沈没はなかったので、フロートバルブのキャブレター側を、金属磨きを付けた尖らせた割り箸で擦り合わせ。

フロートバルブはスプリング付きに交換しました。

002

ガソリンコックも緩やかではありましたが滲みがあったので、パッキンを交換。

このオーバーフローの対応策は絶対のものが存在しないので、今回はこの作業で少し様子を見て頂ければと思います。

ご購入頂いて半年以内ですので、保障内修理になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日ミッションオイル漏れ修理をしたベスパ100。

016

クラッチカバー交換が終わり、本日試走でした。

013

写真は20キロ試走後ですが、あれだけ漏れてたオイル漏れも止まりました。

以前にネジを痛めてしまって、8ミリに拡大されていたオイルチェックボルトとドレンボルト。
幸いこちらからの滲みも、今のところ大丈夫です。
パッキンは交換してあります。

本日お電話が通じませんでしたが、修理完了してます。
が、明日は雨の予報ですね。