Bongout Staff Blog

納車整備 ベスパPX125Euro3

先日ご契約を頂きました、ベスパPX125Euro3。

003

中古車納車整備です。

005

クラッチを外して、クランクシャフトから駆動されるオイルポンプ駆動ギアの動作点検。

002

外したクラッチは分解点検。

ブレーキもクラッチも新車のようですね。
走行150キロです。

012

クラッチをエンジンへ戻します。

トルク管理が大切です。

014

キャブレターにキャブレターケース、それにオイルポンプを分解。
各部定盤で面研します。

Euro3モデルは新車から混合気の設定が薄いため、納車整備ではスロージェットを交換しています。

010

コックの点検にガソリンホースの交換。

オイルポンプを組み付けクランキングを繰り返し、2サイクルオイルの吐出を目視で確認したところで、整備一日目が終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
日に日に春らしくなってきて、バイクに乗るのも苦にならなくなってきました。

016

今月末からイベント再開という感じで、24日(日)はVespa GP開幕戦が茂原ツインサーキット。

翌週31日(日)が山中湖ツーリングで、月が替わった週明け、4月3日(水)は走行会イベントがやはり茂原ツインサーキット。

4月3日(水)の走行会イベントは、お付き合いのある部品問屋さん主催で、多種多様なミニバイクが参加するとの事。
我々はもちろんベスパで走行しますが、ヤマハのリトルツインも持ち込む予定です。
今日長らく待っていたクラッチも手に入ったしね。

ベスパに限らず、小排気量車でのサーキット走行にご興味がありましたら、締め切りはまだ間に合います。
お気軽にご連絡下さい。

お引き取り ベスパ125ET3

東京オリンピックの影響との話ですが、最近は朝早く出ても、湾岸線も混んでいますね。

image

虹がかかる首都高横羽から湾岸線、東関道で千葉県八千代まで。

IMG_5436

ここ数年乗る機会がなく、今回保管場所の関係で手放される事になったというET3のお引き取りです。

「そちらのお店なら、次のオーナーへつなげてくれると思い」という事で、今回初めてご連絡を頂きました。

手放されるのは残念ですが、ご期待に添えるようきちんと整備をし、次のオーナーへのバトンタッチが出来ればと思います。

シリンダーヘッド交換 LX150_3V

お昼頃、JAFで入庫です。

005

PX125Euro3。

出先でのクラッチトラブルとの事で、クラッチが切れません。
まず疑うのはワイヤーですが、クラッチワイヤーは切れていませんね。

しかもクラッチレバーは綺麗に戻りますので、クラッチ内部が原因です。

001

クラッチインナーレバーの折れが原因でした。

クラッチスプリングの重さに比例して負担がかかる部分ですので、このCOSAクラッチ何かは比較的負担が少ないかと思います。

ただ、こちらの車両は排気量やクラッチなどカスタムしてあるそうなので、その辺りが今回のインナーレバー折れに関係しているかも知れません。

お待ち頂いている間に修理完了です。

 

 

 

 

 

 

 

修理お預かり、部品待ちとなっていたLX150_3V。

006

本日シリンダーヘッドが到着しました。

007

吸気バルブ曲りからのシリンダーヘッド交換です。

009

本日エンジンの組み付けは完了。

明日フレームにエンジンを戻し、修理完了の予定です。
あとは試走ですね。

整備完了 #33

サーキット用50s、OZKさんの車両です。

013

パーツが到着したので、作業再開。

オイル漏れはシフトリンケージのOリング交換。
エンジン分解に合わせて、今回ミッションもクロスの物へ交換です。

一次減速ギアに、ギアセレクターも交換しました。

012

ミッションが変わりますので、セカンドシャフトも交換です。

002

装着前の下準備。

排気量も今回変更です。

015

排気量アップの際の定番、強化クラッチ。

ノーマル3枚の所へ強化は4枚になりますので、爪部分の耐久性は落ちますね。
特にサーキット走行の場合、クラッチ表面より爪部分が先に寿命になります。

クラッチ交換と合わせて、(株)ベスパさんオリジナルクラッチスプリングへ変更。

003

くたびれていた点火周りもリフレッシュ。

ポイントとコンデンサーに給油フェルト。
イグニッションコイルやプラグコード、キャップも一新しました。

010

フロント周りも、エンジン組み付け作業と同時進行です。

011

大幅なガタがあったステアリングステム。

上側はレース、ベアリング共に交換。
下側はベアリングのみ交換。

夕方に無事試走も終えました。

マロッシのシリンダーなので、トルクは太いですね。
ミッションも繋がりが良くなったので、次回走行が楽しみですね。

作業お待たせしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
本日ご契約を頂きました中古車。

007

ベスパPX125Euro3のモンブランホワイト。

走行150キロと低走行な車両なので、新車に近いですね。
現在ET3にお乗りとの事なので、ラージを増車になります。

また納車整備はこちらでご報告出来ればと思います。

板金塗装 P125X

板金塗装に出していたP125Xが戻りました。

006

一口に板金塗装と言っても、今回は年式もあり、フレームから小物に至るまで、全てブラストに出してからの板金塗装。

008

錆びて小さな穴もあったメインフレームステップ部分も、綺麗になりました。

004

小物まで合わせるとかなりの部品点数です。

ちなみにこのシルバーは、PX200FL1のシルバーメタリックなので、メタリックがかなり効いています。
光の当たる部分と影の部分の明暗がくっきりと出て、なかなか良い仕上がり。

時間を作って組み付け作業ですが、完成が楽しみです。