Bongout Staff Blog

カテゴリー: スタッフブログ

24ヶ月点検 GTS250ie

24か月点検でお預かりしています。

015

ベスパGTS250ieのドロミテグレイ。

GTS250の最終型ですね。

ベスパはGTS300ieを除いて車検がありません。
全体的な点検整備をご希望の場合、こちらの24ヶ月点検がお勧めです。
GTSなどオートマチック車から、PXなどのハンドチェンジモデルまでお引き受けしています。
50sやET3などのスモールは、24ヶ月点検は受け付けていません。

詳しくはお問合せ下さい。

001

フロントブレーキの分解清掃に、ブレーキパットの面取り。

018

リアブレーキも同じ作業です。

013

LLC液(冷却水)を交換します。

001

駆動系の分解点検です。

003

距離が少ないので、交換部品はありません。

クラッチの当たりも良かったですね。

002

ハンドル周りです。

003

前後ブレーキレバーのグリスアップに、前後ブレーキフルードを交換。

エンジンオイルとオイルフィルターに、プラグとエアフィルターを交換し、作業が完了しました。

あとはご注文を頂いているトップケースの到着を待って装着、試走の予定です。

中古車納車整備 ベスパ125ET3

中古車納車整備を進めています。

007

ベスパ125ET3。

綺麗なニューブルーの車両です。
汚れていたエンジン周りを洗浄、クラッチカバーを外します。

基本的に一度はノーマルで乗って頂きたいと常々思いますが、ET3のクラッチは重いですね。
ノーマルのダブルクラッチスプリングから、(株)ベスパさんオリジナルクラッチスプリングへ変更します。
レース車両でも使用しています。

バックプレートのドライブシャフトオイルシールを交換し、汚れていたリアブレーキシューも交換です。

012

エンジンをずらし、シリンダーにピストン、インテークマニホールドを点検のため外します。

各部良い状態でした。

009

リング溝のカーボンなど、洗浄後のピストン。

学校サボったね。

休み明け、作業の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーキット用の50sのサイドボディ、いつもちびまる子ちゃんのようにガソリンがダラッと流れていて、最近特にひどくなりました。

001

タンク上側の合わせから漏れているかと、重たい腰が上がりませんでしたが、いざ作業をしてみると漏れている箇所は予想と違いましたね。

002

もともとプレスの薄い所があったのか、クラックでした。

交換せずに済んで良かった。
ハンダです。

そういえば、KBSさんのハイエースに積みっぱなしになっているゼッケン26番FSNさん号も、同じ感じで漏れていましたね。
もし同じような原因だったらすぐに直りそうですよ。

マロッシサスペンション RS24

YMKさんからご注文を頂いていた、マロッシサスペンションRS24。

003

本日、マロッシセールスジャパン(株式会社ベスパさん)より到着しました。

今週末にPX150Euro3へ装着予定です。
同日に、IWTさんのPXは12ヶ月点検で作業予定になっていますので、賑やかな週末になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
整備開始が遅くなり済みません。

006

先月ご契約を頂いた中古車、ベスパ125ET3。

納車整備を開始しました。

作業内容は進展次第ご報告出来ればと思います。

サーキットイベントのお誘い

「ちょっと乗ってみますか?」

002

はFSNさん。

オートバイに乗らなくなって久しいですが、ハンドルに手を置いただけでフロントフォークが沈みます。
これなら無理のない、自然なライディング姿勢で楽にフロントがグリップしますね。

我々のベスパはそうは楽に行きませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと先の話、桜が咲く頃ですが、走行会のお誘いです。

この動画は昨年5月、Vespa GPの時の物ですが、この時と同じコース、茂原ツインサーキット西コースです。

お付き合いのある部品問屋さんによる、貸し切りのミニバイク走行会。
貸し切りなので、レーシングスーツをお持ちでない方でも、ツーリング装備で走れる枠も設けるとの事です。
それなので、Vespa GPな方々も、そうでない方も、ご興味がありましたらお気軽にご連絡下さい。

肝心な開催日ですが、4月3日(水)になります。
一日走行に、保険と計測器が付いて、参加費は6,000円です。

お仕事休んじゃって下さい。

冷却水漏れ修理 ベスパGTS300ie

冷却水漏れにより、年末にJAFで入庫です。

001

UENさんのベスパGTS300ie。

数か所からの冷却水漏れが確認出来ましたが、一番修理の手間がかかるのは、シリンダーベースガスケットからの漏れです。

エンジンを下します。

005

2サイクルエンジンより、部品点数は多めです。

当たり前です。

004

漏れていた箇所は、ガスケットが切れていましたね。

走行約4万キロ。

007

各部清掃にシリンダーベースガスケットの交換。

002

ベアリングにダメージのあったウォーターポンプ。

こちらはASSYでの交換。

006

コイルを古いエンジンケースから、新しいケースに移動します。

さらにヘッド付近からの漏れはサーモスタットカバーから。
こちらも交換し、作業が完了です。

image

12月と1月だと、日中の日差しが違いますね。

夕日も心なしか暖かい。

image

今日がたまたまかもしれませんが。

無事に30キロの試走を完了しています。

作業お待たせしました。